IEICE Technical Committee Submission System
Announcement
[Japanese] / [English]

 Conference Information
Committee ICD CPSY
Date 2015-12-17 - 2015-12-18
Place Kyoto Institute of Technology
Deadline 2015-11-02
Topics

 Announcement

**********************************************************************
平成27年度 学生・若手研究会
ICD/CPSY 研究会開催通知と論文募集のご案内
**********************************************************************

===================================
★ 電子情報通信学会 集積回路研究会 (ICD)
専門委員長 藤島 実 (広島大)
副委員長 日高 秀人 (ルネサスエレクトロニクス)
幹事 吉田 毅 (広島大)
幹事補佐 高宮 真 (東大)、岩崎 裕江 (NTT)、橋本 隆 (パナソニック)、
伊藤 浩之 (東工大)、範 公可 (電通大)

★ 電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会 (CPSY)
専門委員長 中島 康彦 (奈良先端大)
副委員長 中野 浩嗣 (広島大)
幹事 三吉 貴史 (富士通研)、鯉渕 道紘 (NII)
幹事補佐 高前田 伸也(奈良先端大)、大川 猛 (宇都宮大)
===================================

集積回路研究会とコンピュータシステム研究会は共同で、学生・若手研究者
の育成と、学生・若手研究者と大学・会社の先輩研究者との交流を目的とした、
「学生・若手研究会」を開催いたします。
研究を始めて間もない学部生、修士課程初年度の学生から、社会人若手研究
者の発表を奨励し、先輩研究者との有意義な議論の場を提供します。優秀な発
表に対しては、厳正な審査に基づいて表彰を行います。発表形式は、ポスター
と口頭発表を選択できます。
特にポスター発表では、アイディア段階のシミュレーション等による研究を
含め、完成度を問わず討論の話題提供を歓迎します。
また、学生TPCの6件の招待講演企画では、大学、企業で御活躍の先輩研究者、
先生方から最新の研究について御講演いただき、若手研究者への激励を頂きま
す。

下記詳細をご参照のうえ、奮って御応募、御参加ください。



■会期: 2015年12月17日(木)、18日(金)
■会場: 京都工芸繊維大学 60周年記念館
http://www.kit.ac.jp/uni_index/access/
■論文・発表募集テーマ:
ディジタル、メモリ、アナログ、RF等 集積回路全般
MEMS、集積デバイス、設計技術等、集積回路関連技術全般
プロセッサ、ネットワーク等、コンピュータシステム関連技術全般
アイディア(シミュレーション等)から実際の開発まで、幅広く募集します。
■発表形式:
ポスター/口頭発表(自由選択)
■表彰:
*ICD表彰
・今年度末日まで33歳未満の方は、口頭発表/ポスター発表共に、「研究会
優秀若手講演賞」の表彰審査対象となります。
・ポスター発表者のうち、学部生、修士課程初年度の方は、「若手研究会
優秀ポスター賞」の表彰審査対象となります。
本賞の審査では、完成度よりも、アイディアやプレゼンテーションが重視
されます。
・各賞は、賞状、副賞として1万円が添えられます。
・表彰対象者は、電子情報通信学会会員であるか、入会が授賞の条件になり
ます。

*CPSY表彰
・今年度末日(2016/5/31)まで33歳未満の方は、口頭発表について「研究会
優秀若手講演賞」の表彰審査対象となります。
・各賞は、賞状を授与します。
(表彰対象者は、電子情報通信学会会員である必要はありません。)

■発表申込方法:
・発表タイトル、発表概要(100-200文字程度)他必要事項を下記URLより入力
ください。

*ICDにて発表を希望される方
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-ICD&lang=jpn
よりお申し込み下さい.

*CPSYにて発表を希望される方
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-CPSY&lang=jpn
よりお申し込み下さい.

・【重要】備考欄にポスター/口頭発表の別と、表彰対象項目を明記ください。

■発表申込締め切り:
2015年10月26日(月) 17:00 まで。
ただし、定員に達し次第締め切ります。

・発表を申し込まれた方には、発表締め切り後、予稿集原稿の提出をお願い
します。
予稿集原稿提出要領:
・原稿提出〆切は、開催日の約3週間前。
学会本部より、別途案内いたします。
・形式:
【口頭発表の方】
研究会原稿様式(A4) 6ページ以内、論文形式。
【ポスター発表の方】
下記の(1)-(3)いずれかの形式。
(1) 研究会原稿様式(A4) 6ページ以内、論文形式。
(2) 研究会原稿様式の1枚目のみの、1ページ原稿。
(3) (2)に続けてスライド原稿を添付した形式。計6ページ以内。

■招待講演企画:
・瀧 和男(神戸大学)
「半導体ベンチャーを作って退くまで - 大学で何を学ぶべきか -」(仮)
・益 一哉(東京工業大学)
「IoT時代の集積回路」(仮)
・入江 英嗣(東京大学)
「ユーザに寄り添うシステムとコンピュータアーキテクチャ」(仮)
・永井 秀一(パナソニック)
「GaNパワーデバイスとGaN集積回路の展開」(仮)
・古田 潤(京都工芸繊維大学)
「集積回路におけるソフトエラーの評価と対策」(仮)
・中田 洋平(パナソニック)
「センシングシステムに関する研究とハードウェアについて」(仮)

■学生・若手研究会の学生TPC:
・岸田 亮(京都工芸繊維大学)
・宮崎 耕太郎(東京大学)
・梅木 洋平(神戸大学)
・奥原 楓(慶應義塾大学)
・金子 徹(東京工業大学)
・野村 隼人(電気通信大学)

■本件照会先:
ICD:橋本 隆(パナソニック)hashimoto.takashi1967@jp.panasonic.com
CPSY:三吉 貴史 (富士通研) miyoshi.takashi@jp.fujitsu.com


[Return to Top Page]

[Return to IEICE Web Page]


The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE), Japan