お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-09-03 11:45
中国におけるPKIの構築の現状と問題点 ~ カナダのPKI普及の現状と比較して ~
郭 崢奥山 徹Marion R. Finley朝日大
抄録 (和) インターネットの急速な普及により,電子政府,電子商取引の基盤作りが急務となっている.その中でもセキュリティ確保のための重要な基盤技術としてのPKI(Public Key Infrastructure)の整備は,各国政府において不可避の課題として認識されている.本研究では,カナダと中国の構築の現状を踏まえて,中国におけるPKIが浸透していく過程における利用の現状と問題点について考察する.特にPKI利用の先進国としてのカナダと比較して,中国におけるPKIの発展のための明確な指針を考える. 
(英) The Internet appeared mostly fro dozens years, and rapid deployment is shown. The security problem on the e-government, e-commerce and so on is becoming the significant viewpoint. The PKI (Public Key Infrastructure) that is based on public key encryption is being worthy of note. Many countries in the world are developing the basic PKI infrastructure and the technologies to use PKI. In China, the construction of PKI is under developing and, especially the mutual recognition between maintenance and each CA of the law in the examination organization, and electronic authentication about CA is become the big problem. We interest in the development of PKI in China, observing on policy side, law side, and technical side. In this paper, we will try to show some proposals for PKI in China to compare with the present status of PKI in advanced nations such as Canada and so on.
キーワード (和) PKI / CA / RA / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 273, NS2004-114, pp. 71-74, 2004年9月.
資料番号 NS2004-114 
発行日 2004-08-27 (NS, IN, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NS CS IN  
開催期間 2004-09-02 - 2004-09-03 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) アクティブネットワーク,IP-VPN,ネットワークセキュリティ,超高速ネットワーク,P2P通信,ネットワークソフトウェア,一般 
テーマ(英) Active networks, IP-VPN, network security, ultra high-speed networks, p2p communications, network software, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2004-09-NS-CS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 中国におけるPKIの構築の現状と問題点 
サブタイトル(和) カナダのPKI普及の現状と比較して 
タイトル(英)
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) PKI /  
キーワード(2)(和/英) CA /  
キーワード(3)(和/英) RA /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 郭 崢 / Guo Zheng /
第1著者 所属(和/英) 朝日大・経営学研究科 (略称: 朝日大)
Asahi University (略称: Asahi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 徹 / Tohru Okuyama /
第2著者 所属(和/英) 朝日大・経営学研究科 (略称: 朝日大)
Asahi University (略称: Asahi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Marion R. Finley / - /
第3著者 所属(和/英) 朝日大・経営学研究科 (略称: 朝日大)
Asahi University (略称: Asahi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2004-09-03 11:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2004-114, IN2004-73, CS2004-69 
巻番号(vol) vol.104 
号番号(no) no.273(NS), no.275(IN), no.277(CS) 
ページ範囲 pp.71-74 
ページ数
発行日 2004-08-27 (NS, IN, CS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会