お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-11-19 15:15
骨導音声を用いた話者識別と裏声判別
森 幹男槇本由希荻原慎洋谷口秀次高橋謙三福井大
抄録 (和) 骨導音声を電気信号に変換する骨伝導マイクロホンはハンズフリーで,ヘッドセット型マイクロホンと比較して周囲騒音の影響も受けにくい.このため,ウェアラブルコンピュータの入力装置としての利用が期待できる.本研究では,日本語5母音発声時の気導音声と骨導音声の対数パワースペクトルの差を特徴量として用いて話者識別実験を行い,雑音耐性を含めた詳細な検討を行った.その結果,気導音声のみを用いた場合と比べ雑音耐性が高いことが明らかとなった.
また,骨導音声の歪み率を特徴量として用い,歌声に対して裏声判別を行った結果,表声-裏声換声点の検出が可能であり,この歪み率を話者識別の特徴量として用いることによって話者識別率の向上が期待できることが明らかとなった. 
(英) A bone-conductive microphone which transforms bone-transmitted speech sounds through skull into electronic signals has two advantages. One is to operate in hands free mode, and another is to be anti-noise. Therefore, it is expected to match the man-machine interface for wearable computers.
Here, we examined and analyzed the possibility of a speaker identification system with the logarithmic power spectrum of air and bone-transmitted speech sounds to 5 Japanese vowels. This paper shows that the bone transmitted speech sounds based system gives better performance. Further, it refers to the possibility of finding the threshold tone between falsetto and modal (non-falsetto) singing voices.
キーワード (和) 骨導音声 / 話者識別 / 裏声 / 歪み率 / 雑音耐性 / / /  
(英) Bone-Transmitted Speech Sounds / Speaker Identification / Falsetto / Distortion Ratio / Noise Robustness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 448, PRMU2004-117, pp. 71-75, 2004年11月.
資料番号 PRMU2004-117 
発行日 2004-11-12 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2004-11-18 - 2004-11-19 
開催地(和) 福井大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 顔・ジェスチャ認識のためのパターン認識メディア理解,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2004-11-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 骨導音声を用いた話者識別と裏声判別 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speaker Identification and Distinction between Modal Voice and Falsetto Using Bone-Transmitted Speech Sounds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 骨導音声 / Bone-Transmitted Speech Sounds  
キーワード(2)(和/英) 話者識別 / Speaker Identification  
キーワード(3)(和/英) 裏声 / Falsetto  
キーワード(4)(和/英) 歪み率 / Distortion Ratio  
キーワード(5)(和/英) 雑音耐性 / Noise Robustness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 幹男 / Mikio Mori / モリ ミキオ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 槇本 由希 / Yuki Makimoto / マキモト ユキ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻原 慎洋 / Mitsuhiro Ogihara / オギハラ ミツヒロ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 秀次 / Shuji Taniguchi / タニグチ シュウジ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 謙三 / Kenzo Takahashi / タカハシ ケンゾウ
第5著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2004-11-19 15:15:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 PRMU2004-117 
巻番号(vol) vol.104 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.71-75 
ページ数
発行日 2004-11-12 (PRMU) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会