お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-04-22 13:25
高密度光配線バックプレーン
斎藤和人増田 宏鈴木修司木下雅夫茨木 修青柳昌宏産総研)・佐々木純一NECエレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2005-2 OPE2005-2
抄録 (和) ネットワークを支えるルータなど情報処理装置の高速高機能化に向けて、装置内信号伝送に光伝送技術を導入することが重要である。今回、我々はテラビット級のスループットを可能とする高密度光配線バックボードを実現すべく、光ボードの実装間隔を狭め、且つ光ボードと光バックプレーン間を高密度に多ch光接続できるように、細径マルチモード光ファイバを用いた光ファイバシートと、その構成に適した光コネクタを検討した。 
(英) We developed a high-density optical backplane using downsized fibers and new design high-density multiple optical connectors. Introduction of our optical interconnection technologies inside network components such as routers/servers enables to improve the system performances for the operational speed up to several Tbps throughput. The suitable design for the optical backplane is discussed from the view point of minimum bending radius, fiber wiring density and connection density.
キーワード (和) 光バックプレーン / 細径マルチモード光ファイバ / 光ファイバシート / 簡易光接続 / / / /  
(英) Optical Backplane / Downsized Multimode Optical Fiber / Optical Fiber Board / Easy Connection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 28, OPE2005-2, pp. 7-10, 2005年4月.
資料番号 OPE2005-2 
発行日 2005-04-15 (R, CPM, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2005-2 OPE2005-2

研究会情報
研究会 OPE R CPM  
開催期間 2005-04-22 - 2005-04-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 光部品の実装・信頼性、一般 
テーマ(英) Packaging and reliability of optical componetns, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2005-04-OPE-R-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高密度光配線バックプレーン 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High density optical wiring technologies for optical backplane interconnection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光バックプレーン / Optical Backplane  
キーワード(2)(和/英) 細径マルチモード光ファイバ / Downsized Multimode Optical Fiber  
キーワード(3)(和/英) 光ファイバシート / Optical Fiber Board  
キーワード(4)(和/英) 簡易光接続 / Easy Connection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 和人 / Kazuhito Saito / サイトウ カズヒト
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 宏 / Hiroshi Masuda / マスダ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 修司 / Shuji Suzuki / スズキ シュウジ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 雅夫 / Masao Kinoshita / キノシタ マサオ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 茨木 修 / Osamu Ibaragi / イバラギ オサム
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 昌宏 / Masahiro Aoyagi / アオヤギ マサヒロ
第6著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 純一 / Junichi Sasaki / ササキ ジュンイチ
第7著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2005-04-22 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 OPE 
資料番号 R2005-2, CPM2005-2, OPE2005-2 
巻番号(vol) vol.105 
号番号(no) no.26(R), no.27(CPM), no.28(OPE) 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数
発行日 2005-04-15 (R, CPM, OPE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会