お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-13 09:15
ケーブル外被把持型コネクタ ~ 構造、特長、及び各種特性 ~
大塚健一郎西岡大造大村真樹為国芳享横町之裕斎藤和人住友電工
抄録 (和) FTTH(Fiber To The Home)の進展に伴い、配線物品のさらなる施工性向上に対する要求が増加している。特に、光ファイバの宅内引き込みに関しては、従来はドロップクロージャからONUまで引き通した後、SCコネクタ付ピグテールを融着もしくはメカニカルスプライスで接続、光ファイバ素線をトレイに収納するという作業が行われている。光ファイバ素線収納作業についてはある程度のスキル・作業時間を要するが、FTTH工事増加に伴い更に容易且つ確実に作業できる光接続・収納工法が望まれていた。また、ONUまでの光配線で不具合箇所が発生した場合を想定し、屋外キャビネットで不具合箇所の切り分けが可能な光接続点が望まれていた。
今回、現地で光ケーブルの端末を処理するだけでコネクタ組立が行え、しかもケーブル外被を直接コネクタに把持する機構を設けた新しいコネクタを開発した。これを屋外に設けたキャビネットに設置することで、ドロップクロージャからONUまでの引き通しを必要とせず、また、素線収納する必要がなくなり作業性・保守性が向上するという多数のメリットを有する。本報では構造及び特長、各種特性・信頼性について詳細を報告する。 
(英) To answer market demands for FTTH (Fiber To The Home) , we developed the new field assembly single fiber connector fixing optical fiber drop or indoor cable. We confirmed that the insertion loss when using a plug was 0.24 dB average, 0.49 dB max. According to environmental tests based on Telcordia GR 1435, the loss increasing during the tests were within 0.1 dB. In this report, we discuss the structure, feature, and various characteristics of this connector.
キーワード (和) ケーブル外被把持型コネクタ / 光ケーブル / 組立治具 / 施工性 / 高信頼性 / / /  
(英) Connector / Optical fiber cable / Assembly tool / Construction / High reliability / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 38, OFT2005-9, pp. 43-46, 2005年5月.
資料番号 OFT2005-9 
発行日 2005-05-05 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2005-05-12 - 2005-05-13 
開催地(和) 諏訪東京理科大 
開催地(英) Tokyo Univ. of Science, Suwa 
テーマ(和) 光センサ、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2005-05-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ケーブル外被把持型コネクタ 
サブタイトル(和) 構造、特長、及び各種特性 
タイトル(英) New connector fixing optical fiber cable 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) ケーブル外被把持型コネクタ / Connector  
キーワード(2)(和/英) 光ケーブル / Optical fiber cable  
キーワード(3)(和/英) 組立治具 / Assembly tool  
キーワード(4)(和/英) 施工性 / Construction  
キーワード(5)(和/英) 高信頼性 / High reliability  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 健一郎 / Kenichiro Ohtsuka / オオツカ ケンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 住友電気工業 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: Sumiden)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西岡 大造 / Daizo Nishioka / ニシオカ ダイゾウ
第2著者 所属(和/英) 住友電気工業 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: Sumiden)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大村 真樹 / Masaki Ohmura / オオムラ マサキ
第3著者 所属(和/英) 住友電気工業 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: Sumiden)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 為国 芳享 / Yoshikyo Tamekuni / タメクニ ヨシキョウ
第4著者 所属(和/英) 住友電気工業 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: Sumiden)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 横町 之裕 / Yukihiro Yokomachi / ヨコマチ ユキヒロ
第5著者 所属(和/英) 住友電気工業 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: Sumiden)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 和人 / Kazuhito Saitou / サイトウ カズヒト
第6著者 所属(和/英) 住友電気工業 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: Sumiden)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2005-05-13 09:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 OFT 
資料番号 OFT2005-9 
巻番号(vol) vol.105 
号番号(no) no.38 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数
発行日 2005-05-05 (OFT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会