お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-06-24 13:55
優先ANDゲートのマルコフ解析
田辺安雄下平庸晴陶山貢市佐藤吉信東京海洋大
抄録 (和) システムの安全評価に使用するフォールトツリー解析で,状態生起の前後関係を記述する優先ANDゲートにはいくつかのタイプが有り,実際に適用する場合にはマルコフモデルの解析の仕方も変わる.交差点の右折時の交通事故と凍結路面における歩行者の転倒事故を例にとり,それぞれ異なる優先ANDゲートを用いてモデル化を行い,マルコフモデルを構築することによって,発生率の定式化をおこなった. 
(英) The priority AND gates describe the relation before and after state occurrence in the fault tree analysis used for the safety analysis of a system. The method of analysis with Markov model also changes depending on the type of the priority AND gate. The traffic accident during a right-turn in a crossing and the pedestrian's slipping-down accident on a freeze road are taken as examples here. These cases are modeled with different type of priority AND gate, respectively.
The occurrence rates of accidents were derived by solving Markov differential equation.
キーワード (和) 優先ANDゲート / マルコフモデル / 国際規格 / / / / /  
(英) Priority AND Gate / Markov model / International standard / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 134, R2005-17, pp. 13-19, 2005年6月.
資料番号 R2005-17 
発行日 2005-06-17 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2005-06-24 - 2005-06-24 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) システムの信頼性、信頼性一般 
テーマ(英) System Reliability, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2005-06-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 優先ANDゲートのマルコフ解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Markov analysis of priority AND gates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 優先ANDゲート / Priority AND Gate  
キーワード(2)(和/英) マルコフモデル / Markov model  
キーワード(3)(和/英) 国際規格 / International standard  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 安雄 / Yasuo Tanabe / タナベ ヤスオ
第1著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo Univeristy of Marine Science and Technology (略称: Tokyo Univ. of Marine Science and Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 下平 庸晴 / Tsuneharu Simodaira / シモダイラ ツネハル
第2著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo Univeristy of Marine Science and Technology (略称: Tokyo Univ. of Marine Science and Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 貢市 / Koichi Suyama / スヤマ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo Univeristy of Marine Science and Technology (略称: Tokyo Univ. of Marine Science and Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 吉信 / Yoshinobu Sato / サトウ ヨシノブ
第4著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo Univeristy of Marine Science and Technology (略称: Tokyo Univ. of Marine Science and Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-06-24 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 R2005-17 
巻番号(vol) 105 
号番号(no) no.134 
ページ範囲 pp.13-19 
ページ数
発行日 2005-06-17 (R) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会