お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-12-15 16:45
被災者情報登録検索システムの研究開発と試験運用
海老名 毅大野浩之NICT
抄録 (和) 我々は被災者情報登録検索システム(IAAシステム)を研究開発し,新潟県中越地震対応などの試験運用を行ってきた.また,安否確認サービスに関するニーズを調べるため,自治体アンケートを実施した.その結果,自治体における安否確認サービスには潜在的な需要があること,また自治体は安否確認サービスとして常時運用とともにセキュリティ対策を重視していることがわかった. 
(英) We have developed Victims Information Registration and Retrieval System (IAA system), and also had been applied it to real disasters including Niigata-ken Chuuetsu earthquake. Researches for local governments were also conducted in order to estimate demands for safety information services. As a result, we found local governments have potential demands for safety information services, and they attach greater importance to full-time services and security measures.
キーワード (和) 安否確認 / IAAシステム / 輻輳 / 個人情報 / / / /  
(英) safety confirmation / IAA system / congestion / privacy / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 466, SITE2005-51, pp. 17-22, 2005年12月.
資料番号 SITE2005-51 
発行日 2005-12-08 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SITE  
開催期間 2005-12-15 - 2005-12-15 
開催地(和) 東工大 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2005-12-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 被災者情報登録検索システムの研究開発と試験運用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Experiments for victim information registration and retrieval system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 安否確認 / safety confirmation  
キーワード(2)(和/英) IAAシステム / IAA system  
キーワード(3)(和/英) 輻輳 / congestion  
キーワード(4)(和/英) 個人情報 / privacy  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 海老名 毅 / Tsuyoshi Ebina / エビナ ツヨシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 浩之 / Hiroyuki Ohno /
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2005-12-15 16:45:00 
発表時間 35分 
申込先研究会 SITE 
資料番号 SITE2005-51 
巻番号(vol) vol.105 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数
発行日 2005-12-08 (SITE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会