お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-25 09:25
不完全な位相検出器を持つ結合同期回路のノイズ環境下における応答 ~ 周期ポテンシャル系の確率共鳴現象 ~
藤坂尚登渡辺明香神尾武司広島市大
抄録 (和) 1次コスタスループおよびその結合系は1次元およびN次元トーラスを変数空間に持つ周期ポテンシャル系である.この同期系の位相検出器がある不完全性を持つとき,ポテンシャルに時間的にも空間的にも周期的な変動が加わる.このような系にノイズを注入すると確率共鳴を引き起こすことを線形応答による解析と数値シミュレーションにより確認した. 
(英) First-order Costas loops and their coupled systems are considered as systems with periodic potentials defined on one and N-dimensional tori. A imperfection of phase detectors in the loops adds spatially and temporally periodic fluctuations to the potentials. This paper shows by means of linear response theory and numerical simulation that the fluctuations and additive noise cause stochastic resonance in the coupled loops.
キーワード (和) 非線形確率システム / 結合同期系 / 確率共鳴 / 線形応答理論 / 相関関数 / / /  
(英) nonlinear stochastic systems / coupled synchronization circuits / stochastic resonance / linear response theory / correlation function / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 548, NLP2005-124, pp. 1-6, 2006年1月.
資料番号 NLP2005-124 
発行日 2006-01-18 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2006-01-24 - 2006-01-25 
開催地(和) 四国大学 
開催地(英) Shikoku Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2006-01-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不完全な位相検出器を持つ結合同期回路のノイズ環境下における応答 
サブタイトル(和) 周期ポテンシャル系の確率共鳴現象 
タイトル(英) Response of Coupled Costas Loops with Imperfect Phase Detectors and Noise Sources 
サブタイトル(英) Stochastic Resonance in Periodic-Potential Systems 
キーワード(1)(和/英) 非線形確率システム / nonlinear stochastic systems  
キーワード(2)(和/英) 結合同期系 / coupled synchronization circuits  
キーワード(3)(和/英) 確率共鳴 / stochastic resonance  
キーワード(4)(和/英) 線形応答理論 / linear response theory  
キーワード(5)(和/英) 相関関数 / correlation function  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤坂 尚登 / Hisato Fujisaka / フジサカ ヒサト
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 明香 / Asuka Watanabe / ワタナベ アスカ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2006-01-25 09:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NLP 
資料番号 NLP2005-124 
巻番号(vol) vol.105 
号番号(no) no.548 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2006-01-18 (NLP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会