お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-28 10:50
3次元立体映像鑑賞時の脳波・脳内血液量特性
田崎新二九工大)・今村昂司合志和洋熊本電波高専)・和田親宗九工大)・古賀広昭熊本電波高専
抄録 (和) 本稿は,3次元立体映像を鑑賞している際の脳波および脳内血液量特性について述べたものである.3次元立体映像を鑑賞することによって生じる迫力感および幻想感に注目し,迫力感を与える映像と幻想感を与える映像を鑑賞した際の脳波および脳内血液量の計測を行った.脳波においては,迫力のある立体映像を鑑賞した際に8~24Hzの脳波成分が減少する傾向がみられ,迫力感の度合とα波帯域の成分との間に負の関連性が成り立つことを見出した.脳内血液量においも,同様に迫力感を与える映像を鑑賞した際に,oxy-Hbおよびdeoxy-Hb濃度が増加する傾向がみられた.一方,幻想感を与える映像においては,特徴的な脳波および脳内血液量の変化は見られなかった. 
(英) This paper provides the EEGs and Cerebral Blood Volume characteristics by watching 3D stereoscopic movies. The EEGs and Cerebral Blood Volume were recorded while the subject was watching the powerful movies and fantastic movies with the 3D stereo or 2D flat displays. In the powerful movies, as a degree of powerful sensation becomes bigger, the alpha and beta band component values decrease. Furthermore, the oxy-hemoglobin(Hb) and the deoxy-Hb upward with powerful sensation degree. In the fantastic movies, There are no appreciable changes in the EEGs and Cerebral Blood Volume.
キーワード (和) 3次元立体映像 / 脳波 / 脳内血液量 / 感性 / / / /  
(英) 3D stereoscopic movies / EEGs / Cerebral Blood Volume / Human feelings / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 578, MBE2005-121, pp. 9-12, 2006年1月.
資料番号 MBE2005-121 
発行日 2006-01-21 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2006-01-27 - 2006-01-28 
開催地(和) 熊本大学黒髪南キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2006-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元立体映像鑑賞時の脳波・脳内血液量特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) EEGs and Cerebral Blood Volume Characteristics by Watching 3D Stereoscopic Movies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元立体映像 / 3D stereoscopic movies  
キーワード(2)(和/英) 脳波 / EEGs  
キーワード(3)(和/英) 脳内血液量 / Cerebral Blood Volume  
キーワード(4)(和/英) 感性 / Human feelings  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田崎 新二 / Shinji Tasaki / タサキ シンジ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 昂司 / Takashi Imamura / イマムラ タカシ
第2著者 所属(和/英) 熊本電波高専 (略称: 熊本電波高専)
Kumamoto National College of Technology (略称: Kumamoto Natl. Coll. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 合志 和洋 / Kazuhiro Koshi / コウシ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 熊本電波高専 (略称: 熊本電波高専)
Kumamoto National College of Technology (略称: Kumamoto Natl. Coll. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 親宗 / Chikamune Wada / ワダ チカムネ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 広昭 / Hiroaki Koga / コガ ヒロアキ
第5著者 所属(和/英) 熊本電波高専 (略称: 熊本電波高専)
Kumamoto National College of Technology (略称: Kumamoto Natl. Coll. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2006-01-28 10:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MBE 
資料番号 MBE2005-121 
巻番号(vol) vol.105 
号番号(no) no.578 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数
発行日 2006-01-21 (MBE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会