お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-06 13:25
視覚障害者の歩行時での有効な音声情報の分析
戸澤清茂今宮淳美小谷信司山梨大
抄録 (和) 本研究では、視覚障害者10名を被験者として音声ガイドにインテリジェント・ユーザインタフェース開発に使われる「オズの魔法使い」の方法に基づき、駅構内4箇所における視覚障害者が安全に歩行するために支援者や環境の音(声)に関する歩行実験・観察を行なった。歩行支援のために適切な指示(誘導者からのコミュニケーション)は何か、被験者にとっていかに音(声)情報が重要な意味をもつか、さらに音声による歩行支援インタフェースと安全性との関係をAHP(Analytic Hierarchy Process)に基づき分析した.実験分析の結果、視覚障害者の歩行支援システム構築の場合、安全な単独歩行ができる情報処理機能をもたせた音(声)バリヤフリーの導入が重要であることを示す. 
(英) Sound and Voice guide are essential for the visually impaired persons to move around crowded urban environments. For developing the intelligent system with voice and sound guide functions for walking for the visually impaired persons, we conducted an experimental observation (ten visually impaired participants) and analysis for what appropriate protocol (or guide) are at a railway station. how proper instructions (Communication for guiding the visually impaired persons) are used for walking,how participants have the heuristic significances for phonetic(voice and sound) information. We analyzed the walking guide interface and walking guide systems using AHP(Analytic Hierarchy Process).
キーワード (和) 視覚障害者 / 音声情報 / ユーザインタフェース / AHP分析法 / / / /  
(英) Visually impaired / Phonetic(voice and sound)Information / user interface / AHP / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2006-07-06 - 2006-07-06 
開催地(和) 静岡大学情報学部 
開催地(英) Shizuoka Univ. 
テーマ(和) 高齢者支援,一般 
テーマ(英) Support of the elderly, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2006-07-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚障害者の歩行時での有効な音声情報の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Using and Analysis toward Phonetic Information for the Visually Impaired Walking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障害者 / Visually impaired  
キーワード(2)(和/英) 音声情報 / Phonetic(voice and sound)Information  
キーワード(3)(和/英) ユーザインタフェース / user interface  
キーワード(4)(和/英) AHP分析法 / AHP  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸澤 清茂 / Kiyoshige Tozawa / トザワ キヨシゲ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学大学院 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今宮 淳美 / Atsumi Imamiya / イマミヤ アツミ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学大学院 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小谷 信司 / Shinji Kotani / コタニ シンジ
第3著者 所属(和/英) 山梨大学大学院 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2006-07-06 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WIT 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会