お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-09-25 13:55
大気開放型電解セルを用いた導電性高分子のin-situイオン化ポテンシャル測定
高石 聡多田和也小野田光宣兵庫県立大エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2006-84
抄録 (和) 本研究では,低エネルギー光電子分光法を用い,導電性高分子の電子状態を調べた。導電性高分子であるポリ(3-メチルチオフェン)をNiメッシュ上に電解重合した。作用電極としてNiメッシュに覆われた導電性高分子を用い開放型電解セルを構成し,導電性高分子の電気化学的ドーピング過程における光電子スペクトルのin-situ測定に使用した。スペクトル取得時に作用電極を電解セルから取り外し行ったex-situ 光電子スペクトル測定も比較のために実施した。二つの方法によって測定されたイオン化ポテンシャルは違うことがわかり,後者のデータは導電性高分子の脱ドーピングによって影響されたことを示唆している。 
(英) The electronic states of conducting polymer were investigated by a low-energy photoemission spectroscopy. A conducting polymer poly(3-methylthiophen) was deposited by electrochemical polymerization on Ni mesh. An open electrochemical cell with the polymer coated Ni mesh as working electrode was constructed and was used to in-situ measurement of photoemission spectrum during electrochemical doping of the polymer. A separate measurement of ex-situ photoemission spectrum, in which the working electrode was disconnected and was removed from the electrochemical cell for each spectrum acquisition, was also performed for comparison. The ionization potentials measured by the two methods were found to be different, suggesting that the latter data were influenced by the undoping of the polymer.
キーワード (和) 導電性高分子 / ポリ(3-メチルチオフェン) / 大気開放型電解セル / イオン化ポテンシャル / / / /  
(英) conducting polymers / poly(3-methylthiophen) / atmosphere opening type electrolysis cell / ionization potential / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 252, OME2006-84, pp. 39-43, 2006年9月.
資料番号 OME2006-84 
発行日 2006-09-18 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2006-84

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2006-09-25 - 2006-09-25 
開催地(和) 兵庫県立大学本部(中会議室) 
開催地(英) University of Hyogo 
テーマ(和) 有機材料・一般 
テーマ(英) Organic Materials, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2006-09-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大気開放型電解セルを用いた導電性高分子のin-situイオン化ポテンシャル測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) In-situ ionization potential measurement of conducting polymer of atmosphere opening type electrolysis cell 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 導電性高分子 / conducting polymers  
キーワード(2)(和/英) ポリ(3-メチルチオフェン) / poly(3-methylthiophen)  
キーワード(3)(和/英) 大気開放型電解セル / atmosphere opening type electrolysis cell  
キーワード(4)(和/英) イオン化ポテンシャル / ionization potential  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高石 聡 / Satoru Takaisi / タカイシ サトル
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 多田 和也 / Kazuya Tada / タダ カズヤ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野田 光宣 / Mitsuyoshi Onoda / オノダ ミツヨシ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-09-25 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OME 
資料番号 OME2006-84 
巻番号(vol) 106 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.39-43 
ページ数
発行日 2006-09-18 (OME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会