お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-17 10:30
能登半島地震に関する英文記事の計量言語的解析と風評被害
伴 浩美東京未来大)・田畑龍一郎金沢商業高)・平野嘉代子金沢工大)・大藪多可志金沢星稜大ET2007-48
抄録 (和) 2007年能登半島地震に関する英文記事について, 2004年新潟県中越地震の記事と比較しながら, 文字や単語の頻度特性を調べた. この時, 指数関数の近似式を採用し, 係数c, bより各試料の特徴を抽出した. また各試料について, Udny Yuleが提案したK特性値を求めてみた. さらに, 試料中に使用されている必修・基礎単語の種類数やその頻度より難易度を求めた. 結果として, 能登半島地震に関する英文記事の文字特性は, 日が経つにつれてジャーナリズムに似た傾向を持つようになっており, K値は増加していく傾向があり, 英文の難易度は低くなっていっていることが明らかとなった. また, 単語の頻度に, 風評被害の影響が見受けられた. 
(英) “The Noto Hanto Earthquake in 2007 caused serious damage to the Noto area. Theses serious states have been reported not only in Japanese newspapers but also in English newspapers. In this study, we investigated what linguistic characteristics can be found in English articles, comparing with the articles on “The Mid Niigata Prefecture Earthquake in 2004.” As a result, it was clearly shown that English articles on the Noto Hanto Earthquake came to have a similar tendency to journalisms in the characteristics of character-appearance as a day passed. Besides, the values of the K-characteristic for the articles tended to increase, and the difficulty-level tended to decrease. In addition, we could see the effects of harmful rumors in word-appearance.
キーワード (和) 計量言語学 / 2007年能登半島地震 / 観光学 / / / / /  
(英) Metrical linguistics / The Noto Hanto Earthquake in 2007 / Tourism industry / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 327, ET2007-48, pp. 1-6, 2007年11月.
資料番号 ET2007-48 
発行日 2007-11-10 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-48

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2007-11-17 - 2007-11-17 
開催地(和) 金沢学院大学サテライト教室 
開催地(英) Kanazawagakuin Univ. 
テーマ(和) Web教育用コンテンツ開発技術と応用/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2007-11-ET 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 能登半島地震に関する英文記事の計量言語的解析と風評被害 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Linguistic Analysis for English Articles on the Noto Hanto Earthquake in 2007 and its Harmful Rumors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 計量言語学 / Metrical linguistics  
キーワード(2)(和/英) 2007年能登半島地震 / The Noto Hanto Earthquake in 2007  
キーワード(3)(和/英) 観光学 / Tourism industry  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伴 浩美 / Hiromi Ban / バン ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 東京未来大学 (略称: 東京未来大)
Tokyo Future University (略称: Tokyo Future Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田畑 龍一郎 / Ryu-ichiro Tabata / タバタ リュウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 金沢商業高校 (略称: 金沢商業高)
Kanazawa Commercial High School (略称: Kanazawa Commercial High School)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 嘉代子 / Kayoko Hirano / ヒラノ カヨコ
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大藪 多可志 / Takashi Oyabu / オオヤブ タカシ
第4著者 所属(和/英) 金沢星稜大学 (略称: 金沢星稜大)
Kanazawa SEiryo University (略称: Kanazawa Seiryo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2007-11-17 10:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 ET 
資料番号 ET2007-48 
巻番号(vol) vol.107 
号番号(no) no.327 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2007-11-10 (ET) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会