お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-27 10:30
スケーラブルネットワークエミュレータアーキテクチャ
大木英司キットスワン ナッタポン角田俊一電通大)・宮村 崇増田暁生塩本公平NTTPN2009-31
抄録 (和) 本論文は、IPオプティカルネットワーク管理をサポートするスケーラブルネットワークエミュレータのアーキテクチャを提案する。ネットワークエミュレータは、光IP連携サーバと接続されるルータと同一のインタフェースを有し、インタフェースを介して、実施のIPオプティカルネットワークの動作をエミュレートする。ネットワークエミュレータは、データベース、及び、3つのモジュール(インタフェース、リソースシミュレータ、トラヒックジェネレータ)から構成される。拡張性のあるネットワークエミュレータを実現するために、モジュール間の接続にTCP/IP通信を採用する。提案アーキテクチャは、エミュレータの実装において、ハードウェアの性能に強く依存しないという利点を有する。提案アーキテクチャに基づいて、ネットワークエミュレータのプロトタイプを開発し、基本動作を確認した。本アーキテクチャが有する拡張性及び柔軟性により、サポートするネットワーク規模を大きくすることができる。 
(英) This paper proposes a scalable network emulator architecture to support IP optical network management. The network emulator uses the same router interfaces to communicate with the IP optical TE server as the actual IP optical network, and behaves as an actual IP optical network between the
interfaces. The network emulator mainly consists of databases and three modules: interface module, resource simulator module, and traffic generator module. To make the network emulator scalable in terms of network size, we employ TCP/IP socket communications between the modules. The proposed network emulator has the benefit that its implementation is not strongly dependent on hardware limitations. We develop a prototype of the network emulator based on the proposed architecture. A virtual machine (VM) technology is employed to reduce
the hardware amounts required for this implementation. Our design and experiments show that the proposed architecture is effective. Thanks to the scalability and flexibility of the proposed architecture, it is expected that network-size can be easily scaled up.
キーワード (和) ネットワークエミュレータ / トラヒックエンジニアリングトラヒックエンジニアリング / ネットワーク管理 / ネットワーク制御 / / / /  
(英) Network emulator / traffic engineering / network management / network control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 311, PN2009-31, pp. 13-17, 2009年11月.
資料番号 PN2009-31 
発行日 2009-11-20 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2009-31

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2009-11-27 - 2009-11-27 
開催地(和) 日本女子大学 
開催地(英) Japan Women's University 
テーマ(和) フォトニックネットワークシステム・デバイス・ブロードバンドアプリケーション・一般 
テーマ(英) Photonic Network Systems, Optical Devices, Broadband Applications, General Issues, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2009-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スケーラブルネットワークエミュレータアーキテクチャ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scalable Network Emulator Architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークエミュレータ / Network emulator  
キーワード(2)(和/英) トラヒックエンジニアリングトラヒックエンジニアリング / traffic engineering  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク管理 / network management  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク制御 / network control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大木 英司 / Eiji Oki / オオキ エイジ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Commu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) キットスワン ナッタポン / Nattapong Kitsuwan / キットスワン ナッタポン
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Commu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 俊一 / Shunichi Tsunoda / ツノダ シュンイチ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Commu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮村 崇 / Takashi Miyamura / ミヤムラ タカシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 暁生 / Akeo Masuda / マスダ アケオ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩本 公平 / Kohei Shiomoto / シオモト コウヘイ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2009-11-27 10:30:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2009-31 
巻番号(vol) vol.109 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数
発行日 2009-11-20 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会