お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 15:30
同一チャネルにより給電と通信をおこなう二次元通信センサシステムの充電特性
手嶋宏介神戸大)・松田隆志張 兵NICT)・太田 能神戸大USN2010-62
抄録 (和) 二次元通信システムとは,面で構成された通信媒体を用いて通信する,従来の有線通信と無線通信の利点を併せ持った新しい通信システムである.
媒体のどこに端末を置いても通信が可能で,さらにその端末に対しての給電も可能である.
そのため二次元通信システムは,ホームアプリケーションのようなユビキタス環境に適した通信システムである.
給電と通信に用いる帯域を別チャネルで割り当てた場合,端末には複数のアンテナが必要となる.
しかし同一チャネルで給電と通信をおこなうことで,端末に必要なアンテナはたった一つになり,小型化が可能である.
本研究では同一チャネルで給電と通信が可能な端末を開発し,その端末を用いて充電特性を測定する. 
(英) Two-dimentional (2D) communication system is a novel communication system which has advantages of both the wire and wireless communication, and utilizes surface of a sheet as a communication medium.
2D communication system provides power supply as well as data transmission to sensor devices which are placed on the surface.
Thus, 2D communication system is useful to realize ubiquitous environment, for instance, home applications.
To assign different channels are assigned for data transmission and power supply makes devices to be large.
If single channel is utilized for data communication and power supply, however, devices can be downsized.
In this study, we develop a prototype of 2D-communication system using single channel, and measure the charging characteristics of a sensor device.
キーワード (和) センサネットワーク / 二次元通信システム / IEEE802.15.4 / 充電特性 / / / /  
(英) sensor network / 2D communication system / IEEE802.15.4 / charging characteristics / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 378, USN2010-62, pp. 131-136, 2011年1月.
資料番号 USN2010-62 
発行日 2011-01-13 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード USN2010-62

研究会情報
研究会 AN MoNA USN  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術,アドホックネットワーク,RFID,一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile Ubiquitous, Sensor, Ad hoc networks, RFID, etc. and Technology exhibit, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2011-01-AN-MoMuC-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 同一チャネルにより給電と通信をおこなう二次元通信センサシステムの充電特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Charging characteristics in Two-dimensional communication sensor systems using single-carrier frequency for power-supply and communications. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(2)(和/英) 二次元通信システム / 2D communication system  
キーワード(3)(和/英) IEEE802.15.4 / IEEE802.15.4  
キーワード(4)(和/英) 充電特性 / charging characteristics  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 手嶋 宏介 / Kosuke Teshima / テシマ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 隆志 / Takashi Matsuda / マツダ タカシ
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 兵 / Bing Zhang / チョウ ヘイ
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 能 / Chikara Ohta / オオタ チカラ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2011-01-21 15:30:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 USN 
資料番号 USN2010-62 
巻番号(vol) vol.110 
号番号(no) no.378 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数
発行日 2011-01-13 (USN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会