お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-27 11:00
ラット網膜ニューロンにおける電位駆動型Na+電流のslow-inactivationと活動電位発火
原部 翔本村珠美林田祐樹村山伸樹熊本大MBE2010-80
抄録 (和) 脊椎動物網膜の出力段に位置する神経節細胞は,神経回路の演算結果を電気的スパイク列に符号化しその情報を脳へと伝達する.近年,このスパイク発生を担う電位駆動型Na^+チャネルが,数msecから数百msecの範囲の時定数をもって不活性化を起こし,スパイク列の順応的出力に寄与することが示された.但し現在までに,秒を超える時間尺度の不活性化について生理学実験による解析が成された報告例は無い.そこで本研究では,ラット網膜より機械的に急性単離した神経節細胞を試料とし,穿孔パッチホールセル記録法を用いた膜電位固定実験よって,電位駆動型Na^+電流における緩徐な不活性化(slow-inactivation)の状態遷移過程を解析した.その結果,数秒の時定数をもつ不活性化状態への進行とそこからの回復の遷移過程が存在することが示された.また電流固定下の膜電位計測の結果から,不活性化状態遷移によるNa^+電流の増減が,活動電位の発火閾値に影響を与えることが示された.複数の時間尺度をもつNa^+チャネルの不活性化は,網膜神経節細胞における履歴依存的スパイク発生に寄与すると考えられる. 
(英) Ganglion cells located at the output of vertebrate retina encode the computational results of the neural circuit into electrical spike trains, to send the information to the brain. Recent studies have shown that voltage-gated Na+ channels, which are responsible for the spike generation, exhibit inactivation with the time constants in the range between a few milliseconds and several hundred milliseconds, thereby contributing to the adaptive output of spikes. However, the slower inactivation in the time scale over seconds has not been previously analyzed in the physiological experiment. In this study, therefore, we made analyses on the transition process of the slow-inactivation of voltage-gated Na^+ current in the ganglion cells acutely dissociated
from rat retinas, by means of voltage-clamp experiments with perforated-patch whole-cell mode. The results indicated that there exist the transition processes of entry into, and recovery from, inactivation with the time constants of several seconds as well as a few milliseconds. Voltage measurements under current-clamp showed that the threshold for action potential firing can be affected by the change of Na^+ current due to the inactivation. The multiple time scales of Na^+ channel inactivation are thought to contribute to history-dependent spike firings in retinal ganglion cells.
キーワード (和) 網膜神経細胞 / 履歴依存性 / ナトリウムチャネル / 不活性化 / 活動電位発火 / / /  
(英) Retinal neuron / History-dependent / Na^+ channel / Inactivation / Action potential firing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 399, MBE2010-80, pp. 9-12, 2011年1月.
資料番号 MBE2010-80 
発行日 2011-01-20 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2010-80

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2011-01-27 - 2011-01-28 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2011-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラット網膜ニューロンにおける電位駆動型Na+電流のslow-inactivationと活動電位発火 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Slow-inactivation of voltage-gated Na+ current and spike firing in rat retinal neurons 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 網膜神経細胞 / Retinal neuron  
キーワード(2)(和/英) 履歴依存性 / History-dependent  
キーワード(3)(和/英) ナトリウムチャネル / Na^+ channel  
キーワード(4)(和/英) 不活性化 / Inactivation  
キーワード(5)(和/英) 活動電位発火 / Action potential firing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原部 翔 / Sho Harabe / ハラベ ショウ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本村 珠美 / Tamami Motomura / モトムラ タマミ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林田 祐樹 / Yuki Hayashida / ハヤシダ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 伸樹 / Nobuki Murayama / ムラヤマ ノブキ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2011-01-27 11:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MBE 
資料番号 MBE2010-80 
巻番号(vol) vol.110 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数
発行日 2011-01-20 (MBE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会