お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-18 14:15
GPS地表反射波を用いたリモートセンシングにおける偏波情報を考慮した実験的評価
加藤竜太・○江川 光東大)・齋藤宏文福田盛介JAXASANE2012-16
抄録 (和) 本研究は、GPS を用いたリモートセンシングの基礎実験を行い、GPS リモートセンシングの有効性を 評価することを目的としている。現在の GPS リモートセンシングでは、GPS 衛星からの直接波と対象物からの反射 波がつくる干渉波振動を解析して、対象物の特性を取り出す方法が主流である。数ある測定対象のなかでも、本研 究では土壌水分と植生に焦点を当てている。土壌水分を扱った過去研究の多くは、土壌水分によって土壌の誘電率 が変化することを利用して、水分量の観測を行っている。しかし、植生がない裸土を扱っている場合がほとんどで あり、植生が存在する土壌における水分の観測は困難であると考えられてきた。上記の問題に対し、本研究では偏 波情報による解決を図った。偏波に関する情報は、GPS リモートセンシングの分野では重視されておらず、この情 報を用いることは当該分野において新しい試みである。 
(英) GPS remote sensing is a remote sensing methodology in which the GPS satellites are utilized for signal transmitters. In past studies on GPS remote sensing, an interference method is widly adopted. The interference method utilizes interactions between direct signals from the GPS satellites and reflected signals by sensing targets. This paper explains for principles and advantages in using the interference method. “The soil” is focused on as a main sensing object in this study. Features of soil consist of many parameters such as soil moisture, vegetation, surface roughness, etc. This study discusses on sensing of these soil parameters. Then, it is reported about the experiments by the interference method for verifying feasibility of this method. Based on the results of the experiments, future works are indicated for improving the measurement by the interference method and realizing another method which can be implemented without signal interference.
キーワード (和) GPS / リモートセンシンク / 土壌水分 / 干渉 / 偏波情報 / / /  
(英) GPS / remote sensing / soil moisture / interference / polarization state / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 41, SANE2012-16, pp. 31-36, 2012年5月.
資料番号 SANE2012-16 
発行日 2012-05-11 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2012-16

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2012-05-18 - 2012-05-18 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy of Japan 
テーマ(和) リモートセンシング、EW技術、及び一般 
テーマ(英) Remote sensing, Electronic warfare technology and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2012-05-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GPS地表反射波を用いたリモートセンシングにおける偏波情報を考慮した実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental evaluations with polarimetric information for remote sensing using GPS signals reflected on soil surface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(2)(和/英) リモートセンシンク / remote sensing  
キーワード(3)(和/英) 土壌水分 / soil moisture  
キーワード(4)(和/英) 干渉 / interference  
キーワード(5)(和/英) 偏波情報 / polarization state  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 竜太 / Ryuta Kato / カトウ リュウタ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 江川 光 / Hikaru Egawa / エガワ ヒカル
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 宏文 / Hirobumi Saito / サイトウ ヒロブミ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 盛介 / Seisuke Fukuda / フクダ セイスケ
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第2著者 
発表日時 2012-05-18 14:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SANE 
資料番号 SANE2012-16 
巻番号(vol) vol.112 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数
発行日 2012-05-11 (SANE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会