お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 10:15
FFTを用いたFSKパケット伝送方式用高能率受信機
望月健太郎水谷圭一原田博司京大SRW2015-91
抄録 (和) 本稿では既存の周波数偏移変調 (Frequency shft keying; FSK)パケット伝送システムに適合する,高速フーリエ変換 (Fast Fourier transform; FFT) を用いた高能率受信機を提案する.ワイヤレススマートユーティリティネットワーク (Wireless Smart Utility Network; Wi-SUN) に代表される無線Machine-to-machine (M2M) 通信システムでは,各種センサ・メータ端末での利用を鑑み,省電力性の高いFSK方式やGaussian filtered FSK (GFSK) 方式が広く採用されている.一方で各端末の親機となる基地局設備は,基本的に電力供給は潤沢な環境に配備されるため,高度な信号処理による受信品質の改善が可能である.本稿では主に基地局設備における利用を想定した,シンボル区間毎のFFTによって得られるパワースペクトルを用いてシンボル判定およびシンボル同期を行う手法を提案し,その有効性・有用性を計算機シミュレーションによって示す.提案シンボル判定方式を用いることで,ディスクリミネータ検波方式では困難であった軟判定値の出力が可能となり,従来システムと比較して最大約6.2dBの符号化利得が得られる.さらに並列FFTによってプリアンブル区間で周期遷移するピーク周波数を捕捉する提案シンボル同期方式を用いることで,8シンボル程度の短時間でパケット誤り率 (Packet error rate; PER) 特性を劣化させることなくシンボル同期点を検出することが可能となる. 
(英) This report proposes a high-efficient receiver using the fast Fourier transform (FFT) which is available for conventional frequency shit keying (FSK) packet transmission systems.In the field of wireless machine-to machine (M2M) communication systems such as wireless smart utility network (Wi-SUN), FSK and Gaussian filtered FSK (GFSK) have been widely used because of its low-power consumption, which allows many sensors and meters to operate without battery maintenances for long period.On the other hand, in the base station it is expected that signal reception quality should be improved by digital signal processing with high complexity. In this report, a high-efficient symbol decision scheme and a symbol synchronization scheme using the power spectrum obtained by the FFT of the received signal in each symbol duration are proposed and their effectiveness and usability are shown by the computer simulations.With the proposed symbol decision scheme the soft decision value can be output that makes the bit error rate (BER) performance around 6.2 dB better than that of the conventional systems.Moreover, the symbol synchronization point can be detected even within eight times of symbol duration without deterioration of the packet error rate (PER) performance using the proposed symbol synchronization scheme.
キーワード (和) FSK / GFSK / FFT / Wi-SUN / 軟判定 / シンボル同期 / /  
(英) FSK / GFSK / FFT / Wi-SUN / soft decision / symbol synchronization / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 474, SRW2015-91, pp. 119-124, 2016年3月.
資料番号 SRW2015-91 
発行日 2016-02-24 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2015-91

研究会情報
研究会 RCS CCS SR SRW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2016-03-RCS-CCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FFTを用いたFSKパケット伝送方式用高能率受信機 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) FFT based High-efficient Receiver for FSK Packet Transmission Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FSK / FSK  
キーワード(2)(和/英) GFSK / GFSK  
キーワード(3)(和/英) FFT / FFT  
キーワード(4)(和/英) Wi-SUN / Wi-SUN  
キーワード(5)(和/英) 軟判定 / soft decision  
キーワード(6)(和/英) シンボル同期 / symbol synchronization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 健太郎 / Kentaro Mochizuki / モチヅキ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-03-03 10:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SRW 
資料番号 SRW2015-91 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数
発行日 2016-02-24 (SRW) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会