お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-23 11:45
2波長光源を用いた吸光体深さ推定による透視像改善の実験的検討
岡崎恵祐加藤祐次清水孝一北大MBE2015-122
抄録 (和) 近赤外光を用いた生体透視像は,組織の強い散乱特性により不鮮明な像となる.我々は,点拡がり関数(PSF)を用いた透視像改善手法の実用化を目指して,2波長光源を用いた吸光体深さ推定の検討を行っている.今回は,提案手法の特性解析を通して適切な2波長を決定し,その性能の向上を図った.シミュレーションにより深さ推定手法の有効性を確認後,生体模擬試料を用いた実験によりその実用性を評価した.次に,推定深さから得られるPSFを用いて透視像の改善を行い,提案手法が未知散乱体内部構造の透視に有効なことを実証した.さらに,提案手法による3次元透視イメージングの可能性を明らかにした. 
(英) The depth-dependent point spread function (PSF) is useful to improve the transillumination image blurred by the strong scattering in animal tissue. To utilize this technique, the depth information of the absorber in scattering medium is essential. We have proposed a technique to estimate the depth of an absorber by the PSF convolution of the transillumination images in the different wavelengths. In this study, we chose appropriate two wavelengths in the characteristic analysis of the proposed technique to improve its performance. The effectiveness of the technique was confirmed in simulation, and its usefulness was evaluated in the experiment with the phantom model of animal body tissue. The improvement of transillumination image using the PSF with the estimated depth was carried out, and the applicability of the proposed technique was verified. Finally, the feasibility of three dimensional transillumination imaging using the proposed technique was demonstrated.
キーワード (和) 透視イメージング / 点拡がり関数(PSF) / 深さ推定 / 光散乱 / 散乱抑制 / / /  
(英) transillumination imaging / point spread function(PSF) / depth estimation / optical scattering / scattering suppression / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 513, MBE2015-122, pp. 107-112, 2016年3月.
資料番号 MBE2015-122 
発行日 2016-03-15 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2015-122

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-03-22 - 2016-03-23 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2016-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2波長光源を用いた吸光体深さ推定による透視像改善の実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental study to improve transillumination image by depth estimation using light sources of two wavelengths 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 透視イメージング / transillumination imaging  
キーワード(2)(和/英) 点拡がり関数(PSF) / point spread function(PSF)  
キーワード(3)(和/英) 深さ推定 / depth estimation  
キーワード(4)(和/英) 光散乱 / optical scattering  
キーワード(5)(和/英) 散乱抑制 / scattering suppression  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 恵祐 / Keisuke Okazaki / オカザキ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 祐次 / Yuji Kato / カトウ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 孝一 / Koichi Shimizu / シミズ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-03-23 11:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MBE 
資料番号 MBE2015-122 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数
発行日 2016-03-15 (MBE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会