お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 00:35
生理心理的制約に基づく脳波による主観的状態の認識
野村太輝名大)・森田純哉静岡大)・平山高嗣榎掘 優間瀬健二名大
抄録 (和) 近年、様々な分野で深層学習を用いた研究の中で,入力から直接機械的な特徴抽出器の作成・分類が行われており、高い性能を示している。深層学習は脳波を用いた主観的状態の認識の分野でも使用されるが、脳波の低い信号雑音比と収集コストのために多くの問題が残っている。一方、過去の研究では、特定の脳波の反応と周波数帯との関連が明らかにされている。そこで,本研究では深層学習によるボトムアップな特徴抽出に過去の研究で明らかにされた脳波特有の生理心理的制約を適用し、制約の有無による認識性能の変化を分析した。 
(英) Recently, deep learning is used to extract useful features from input automatically and has shown high performance in various fields. It is also used in field of subjective state recongnition from EEG, but it remains problems due to low SNR and cost to collect. Meanwhile, EEG association between specific subjective state and frequency band has been clarified by past works. In this study, we applied the psychological constraints proper to EEG to the bottom-up feature extraction by deep learning, and confirmed the change of recognition performance depending on the presence or absence of constraints.
キーワード (和) 脳波 / 深層学習 / 畳み込みニューラルネットワーク / 主観状態の認識 / 事象関連電位 / / /  
(英) EEG / DNN / CNN / Subjective State Recognition / ERP / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2017-12-13 - 2017-12-15 
開催地(和) 金沢歌劇座(金沢) 
開催地(英) THE KANAZAWA THEATRE 
テーマ(和) HCGシンポジウム2017 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2017-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 生理心理的制約に基づく脳波による主観的状態の認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ubjective State Recognition Using EEG Under Psychophysiological Constraints 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波 / EEG  
キーワード(2)(和/英) 深層学習 / DNN  
キーワード(3)(和/英) 畳み込みニューラルネットワーク / CNN  
キーワード(4)(和/英) 主観状態の認識 / Subjective State Recognition  
キーワード(5)(和/英) 事象関連電位 / ERP  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 太輝 / Taiki Nomura / ノムラ タイキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 純哉 / Junya Morita / モリタ ジュンヤ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 高嗣 / Takatsugu Hirayama / ヒラヤマ タカツグ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎掘 優 / Yu Enokibori / エノキボリ ユウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 間瀬 健二 / Kenji Mase / マセ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 00:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会