お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-18 11:20
[奨励講演]通信キャリアにおける計画保守に向けた自律制御ループ実現方式の実証実験および評価
坂田浩亮中島 求尾居愛子須藤侑一副島裕司NTTICM2018-6
抄録 (和) 通信キャリアの仮想NW管理に向けた課題として「マルチスライス管理技術」が提起されており,その中で仮想NWを対象とした自律制御ループの形成が検討されている.本稿では,ネットワーク保守運用業務のOPEX削減課題となっている突発的な故障対応の削減に焦点を置き,要素技術として確立されているNW-AI,NFVオーケストレータ,仮想ネットワーク,クラウド技術を連携させた自律制御ループ実現方式の提案,および提案方式の有効性と計画保守の実現可能性評価結果を報告する. 
(英) Among the issues posed for managing virtual network in large scale communication carriers, automating network operation is crucial for reducing OPEX in network operation, especially for the "Reduction of Failure Response at Nighttime and Holiday." Autonomous control loop is a key factor for "multi slice management technology," which is one of the issues posed for managing virtual network in communication carriers. This paper proposes architecture of an autonomous control loop that combines network artificial intelligence, NFV orchestrator, virtual network, and clouds, and also reports effectiveness of proposed autonomous control loop, and feasibility evaluation result of scheduled maintenance.
キーワード (和) NFV / SDN / オーケストレータ / 自律制御ループ / 計画保守 / オペレーションシステム / SLA /  
(英) NFV / SDN / orchestrator / autonomous control loop / scheduled maintenance / operation support system / SLA /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 39, ICM2018-6, pp. 93-98, 2018年5月.
資料番号 ICM2018-6 
発行日 2018-05-10 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2018-6

研究会情報
研究会 ICM IPSJ-CSEC IPSJ-IOT  
開催期間 2018-05-17 - 2018-05-18 
開催地(和) 富山商工会議所 
開催地(英)  
テーマ(和) サービス管理,運用管理技術,セキュリティ管理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2018-05-ICM-CSEC-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信キャリアにおける計画保守に向けた自律制御ループ実現方式の実証実験および評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification and Evaluation of Autonomous Control Loop for Scheduled Maintenance in Communication Carrier Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(2)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(3)(和/英) オーケストレータ / orchestrator  
キーワード(4)(和/英) 自律制御ループ / autonomous control loop  
キーワード(5)(和/英) 計画保守 / scheduled maintenance  
キーワード(6)(和/英) オペレーションシステム / operation support system  
キーワード(7)(和/英) SLA / SLA  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 浩亮 / Kosuke Sakata / サカタ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 求 / Motomu Nakajima / ナカジマ モトム
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾居 愛子 / Oi Aiko / オイ アイコ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須藤 侑一 / Yuichi Suto / ストウ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 副島 裕司 / Yuji Soejima / ソエジマ ユウジ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-05-18 11:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2018-6 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.39 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数
発行日 2018-05-10 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会