お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-25 15:35
対数量子化を用いた可変長ビットシリアル型DNNアクセラレータの面積最適化手法
工藤 巧植吉晃大安藤洸太植松瞭太廣瀬一俊池辺将之浅井哲也本村真人高前田伸也北大RECONF2018-6
抄録 (和) 深層ニューラルネットワーク(DNN: Deep Neural Network)の著しい発展の中で,スマートフォンや自 動車と言ったエッジ端末上でリアルタイム認識を可能とする,DNN 専用のアクセラレータの開発が期待されている. しかし,DNN は学習,推論時に多量の計算を要する.エッジ端末上の制約の厳しい計算環境下では,通常の演算精度 で多量のデータを処理することが困難なため,二値化や量子化による近似表現を扱う専用アクセラレータが登場して いる.本研究では,本研究室がすでに開発した,対数量子化を用いた可変長ビットシリアル型 DNN アクセラレータ
「QUEST」のアーキテクチャを用いて,DNN 演算の多くを占める積和演算回路のさらなる小規模化を図った.その 結果,本来の機能を損なうことなく元のアーキテクチャから 30.62%の回路面積の削減を可能とするアーキテクチャを 提案した. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) ニューラルネットワーク / アクセラレータ / 対数量子化 / 小面積化 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 63, RECONF2018-6, pp. 27-32, 2018年5月.
資料番号 RECONF2018-6 
発行日 2018-05-17 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード RECONF2018-6

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2018-05-24 - 2018-05-25 
開催地(和) ゲートシティ大崎 B1ルームD 
開催地(英) GATE CITY OHSAKI 
テーマ(和) ディープラーニングおよびリコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英) Deep Learning, Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2018-05-RECONF 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 対数量子化を用いた可変長ビットシリアル型DNNアクセラレータの面積最適化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ニューラルネットワーク /  
キーワード(2)(和/英) アクセラレータ /  
キーワード(3)(和/英) 対数量子化 /  
キーワード(4)(和/英) 小面積化 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 巧 / Takumi Kudo / クドウ タクミ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 植吉 晃大 / Kodai Ueyoshi / ウエヨシ コウダイ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 洸太 / Kota Ando / アンドウ コウタ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 植松 瞭太 / Ryota Uematsu / ウエマツ リョウタ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 一俊 / Kazutoshi Hirose / ヒロセ カズトシ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 池辺 将之 / Masayuki Ikebe / イケベ マサユキ
第6著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 哲也 / Tetsuya Asai / アサイ テツヤ
第7著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 本村 真人 / Masato Motomura / モトムラ マサト
第8著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 高前田 伸也 / Shinya Takamaeda / タカマエダ シンヤ
第9著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-05-25 15:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 RECONF2018-6 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.63 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数
発行日 2018-05-17 (RECONF) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会