お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-12 14:20
部分システム情報を用いるセミブラインド通信路推定法の性能評価
瀬戸口裕亮宮嶋照行杉谷栄規茨城大WBS2018-20
抄録 (和) 本稿では,FTN(Faster-than-Nyquist)信号伝送におけるセミブラインド通信路推定法を提案する.提案法は,送受信フィルタの知識(部分システム情報)を利用するブラインド通信路推定法とトレーニングシンボルを用いたLS推定法を組み合わせたものである.ブラインド推定とLS推定の貢献度を調整する重み係数の決定法を示す.提案法は物理通信路のみを推定するため,フィルタと通信路からなる合成通信路を推定するよりも効率よく通信路推定が可能である.シミュレーションにより,提案法がブラインド推定やLS推定法よりも優れた性能を有することを示す.また,フィルタのロールオフ率とシンボル間隔が推定性能へ与える影響を評価する. 
(英) In this article, we propose a semi-blind channel estimation method for faster-than-Nyquist (FTN) signaling. The proposed method combines a blind estimation method using the knowledge of transmitting and receiving filters (partial system information) and the LS estimation method using training symbols.We also show a determination method of a weighting factor which balances the contribution of blind estimation and LS estimation.Since the proposed method estimates only the physical channel, it can be more efficient than the method which estimates the total channel consisted of the transmitting and receiving filters and the physical channel. Simulation results show that the proposed method is superior to both the blind method and the LS method.We evaluate the influence of the roll-off factor and the symbol interval on estimation performance.
キーワード (和) 部分システム情報 / FTN信号伝送 / 通信路推定 / セミブラインド推定 / / / /  
(英) partial system information / faster-than-Nyquist / channel estimation / semiblind estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 235, WBS2018-20, pp. 13-18, 2018年10月.
資料番号 WBS2018-20 
発行日 2018-10-05 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2018-20

研究会情報
研究会 WBS  
開催期間 2018-10-12 - 2018-10-12 
開催地(和) 広島商船高等専門学校 
開催地(英) National Institute of Technology, Hiroshima College 
テーマ(和) 光無線通信,一般 
テーマ(英) Optical Wireless Communications, Visible Light Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2018-10-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 部分システム情報を用いるセミブラインド通信路推定法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Semi-Blind Channel Estimation Method Using Partial System Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 部分システム情報 / partial system information  
キーワード(2)(和/英) FTN信号伝送 / faster-than-Nyquist  
キーワード(3)(和/英) 通信路推定 / channel estimation  
キーワード(4)(和/英) セミブラインド推定 / semiblind estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬戸口 裕亮 / Yusuke Setoguchi / セトグチ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮嶋 照行 / Teruyuki Miyajima / ミヤジマ テルユキ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉谷 栄規 / Yoshiki Sugitani / スギタ二 ヨシキ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-10-12 14:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WBS 
資料番号 WBS2018-20 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.235 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2018-10-05 (WBS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会