お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-05 15:10
[ポスター講演]f平均によるディリクレ過程平均法の一般化と影響関数の解析
小林真佐大渡辺一帆豊橋技科大IBISML2018-50
抄録 (和) ディリクレ過程平均法はクラスタリングの代表的手法である$K$-平均法を拡張した手法であり,クラスタ数をデータから推定することができる.一方で,ディリクレ過程平均法は,その目的関数が平均ひずみに限定されているため,クラスタの最大半径を最小にできないという欠点や外れ値の影響を受けやすいという欠点がある.本研究では,ディリクレ過程平均法の目的関数に対して,$f$平均による一般化を行うことで,関数$f$の選択により前述の課題を選択的に解決可能であることを示す.特に,関数$f$をパラメータ$beta$を含むように選択することで,パラメータ$beta$により統一的に最大ひずみ最小化とロバストなひずみ尺度の最小化が可能であることを示す.さらに,影響関数を導出し,外れ値に対する頑健性の評価を行う.そして,実データを用いた数値実験により一般化された手法の有効性を示す. 
(英) DP-means clustering was obtained as an extension of $K$-means clustering. While it is implemented with a simple and efficient algorithm, it can estimate the number of clusters simultaneously. However, DP-means is specifically designed for the average distortion criterion. Therefore, it is vulnerable to outliers in data, and it can cause large maximum distortion in clusters. In this work, we extend the objective function of the DP-means to $f$-separable distortion measures and propose a unified learning algorithm to overcome the above problems by the selection of the function $f$. Furthermore, the influence function of the estimated cluster center is analyzed to evaluate the robustness against outliers. We show the effectiveness of the generalized method by numerical experiments using real dataset.
キーワード (和) ディリクレ過程平均法 / ブレグマンダイバージェンス / 最大ひずみ / ロバスト性 / クラスタリング / / /  
(英) Dirichlet-Process-Means / Bregman Divergence / Maximum Distortion / Robustness / Clustering / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 284, IBISML2018-50, pp. 45-52, 2018年11月.
資料番号 IBISML2018-50 
発行日 2018-10-29 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IBISML2018-50

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2018-11-05 - 2018-11-07 
開催地(和) 北海道民活動センター(かでる2.7) 
開催地(英) Hokkaido Citizens Activites Center (Kaderu 2.7) 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2018) 
テーマ(英) Information-Based Induction Science Workshop (IBIS2018) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2018-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) f平均によるディリクレ過程平均法の一般化と影響関数の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generalized Dirichlet-Process-Means with f-Mean and Analysis of Influence Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ディリクレ過程平均法 / Dirichlet-Process-Means  
キーワード(2)(和/英) ブレグマンダイバージェンス / Bregman Divergence  
キーワード(3)(和/英) 最大ひずみ / Maximum Distortion  
キーワード(4)(和/英) ロバスト性 / Robustness  
キーワード(5)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 真佐大 / Masahiro Kobayashi / コバヤシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 一帆 / Kazuho Watanabe / ワタナベ カズホ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-11-05 15:10:00 
発表時間 180分 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IBISML2018-50 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.45-52 
ページ数
発行日 2018-10-29 (IBISML) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会