お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-15 11:15
複数フローを考慮した暗号化トラヒック分析による動画サイト識別
伊藤智稀名大)・沢辺亜南岩井孝法里田浩三NEC)・村瀬 勉名大MoNA2018-24 CNR2018-21
抄録 (和) 近年、通信利用者のニーズは、従来の通信品質であるQoS (Quality of Service) から、通信利用者の体感品質を示すQoE (Quality of Experience) の向上へと高度化している。また、近年、総トラヒックの大半のトラヒック量を占める動画視聴サービスについて、動画視聴ユーザのQoEを向上するために、利用動画サイトに応じたきめ細やかな通信制御が重要となる。しかし、暗号化通信トラヒックの増大に伴い、従来のDPI (Deep Packet Inspection) による分析に基づく通信制御が困難になりつつある。本稿では、動画配信時の通信トラヒックのフロー数は複数であることを考慮し、動画サイト識別に有用な2つの特徴量を提案する。1つ目の特徴量は、動画を配信するサーバのデータ転送特性、2つ目の特徴量は、動画以外の広告等の付属コンテンツの並列転送特性を表す特徴量である。従来の単一フローから算出した特徴量を用いた場合の動画サイト識別正解率85.9%と比較して、1つ目の特徴量を用いた場合に89.5%、さらに2つ目の特徴量を併せて用いた場合には92.0%と、動画サイト識別正解率が向上したことを明らかにした。 
(英) In recent years, requirement of network application users have advanced from the improvement of QoS (Quality of Service), i.e., throughput, to the improvement of QoE (Quality of Experience) indicating the quality of applications. Along with the rapid growth of video hosting services, communication control according to video hosting sites is important in order to improve the QoE of the users watching videos. However, along with the rapid increase in encrypted traffic, communication control based on analysis by the DPI (Deep Packet Inspection) is becoming difficult. In this paper, we propose two features for identification of video hosting sites considering that the number of flows of communication traffic for video distribution is multiple. The first feature is a set of data transfer characteristics of servers that distributes the video, and the second feature is a set of parallel transfer characteristics of attached contents such as advertisements except videos. We found that compared with the identification accuracy rate of 85.9% in the case of using the feature calculated from the conventional single flow, by using the first feature, the identification accuracy rate improved to 89.5%. Furthermore, we revealed that by additionally using the second feature, the identification accuracy rate improved to 92.0%.
キーワード (和) 動画サイト識別 / 機械学習 / トラヒック分析 / 暗号化トラヒック / / / /  
(英) Identification of video hosting sites / Machine learning / Traffic analysis / Encrypted traffic / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 305, MoNA2018-24, pp. 13-18, 2018年11月.
資料番号 MoNA2018-24 
発行日 2018-11-08 (MoNA, CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2018-24 CNR2018-21

研究会情報
研究会 MoNA IN CNR  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 唐津市民交流プラザ 
開催地(英) Karatsu Civic Exchange Plaza 
テーマ(和) M2M・IoT通信制御、自己組織化・自律分散制御、車載ネットワーク、車車間/路車間通信・ITS、ビッグデータ解析・サイバーフィジカルシステム(CPS)、モバイル仮想化、モバイルアプリケーション、モバイルセンシング、クラウドネットワークロボットの実用化・新規サービス、及び一般 
テーマ(英) M2M, IoT, Self Organization, Autonomous Distributed Control, Car Area Network, Car-Car network, Car-Road Network, ITS, Big Data Analysis, Cyber Physical System (CPS), Mobile Virtualization, Mobile Application, Cloud Robotics Service, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2018-11-MoNA-IN-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数フローを考慮した暗号化トラヒック分析による動画サイト識別 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Identification of Video Hosting Sites by Encrypted Traffic Analysis Considering Multi-Flow Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動画サイト識別 / Identification of video hosting sites  
キーワード(2)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(3)(和/英) トラヒック分析 / Traffic analysis  
キーワード(4)(和/英) 暗号化トラヒック / Encrypted traffic  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 智稀 / Tomoki Ito / イトウ トモキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 沢辺 亜南 / Anan Sawabe / サワベ アナン
第2著者 所属(和/英) NECシステムプラットフォーム研究所 (略称: NEC)
System Platform Research Laboratories, NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 孝法 / Takanori Iwai / イワイ タカノリ
第3著者 所属(和/英) NECシステムプラットフォーム研究所 (略称: NEC)
System Platform Research Laboratories, NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 里田 浩三 / Kozo Satoda / サトダ コウゾウ
第4著者 所属(和/英) NECシステムプラットフォーム研究所 (略称: NEC)
System Platform Research Laboratories, NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-11-15 11:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 MoNA2018-24, CNR2018-21 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.305(MoNA), no.306(CNR) 
ページ範囲 pp.13-18(MoNA), pp.19-24(CNR) 
ページ数
発行日 2018-11-08 (MoNA, CNR) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会