お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-16 10:10
エッジオーバレイにおける汎用デバイスを用いたデータセンタネットワークのスループット向上手法
川原大輝山本 嶺大坐畠 智加藤聰彦電通大NS2019-22
抄録 (和) データセンタネットワークでは,VLANやエッジオーバレイによって仮想的なネットワークが構築される.特にエッジオーバレイは,IPで構成されたネットワーク上で仮想ネットワークを構築できるため,データセンタネットワークに広く用いられている.
エッジオーバレイにおけるスループット向上手法としてカプセリングを行わないエッジオーバレイプロトコルが提案されているが,このプロトコルは制御プレーンの負荷がデータセンタのL4セッション数に比例して増加するという問題がある.
本論文では,エッジオーバレイプロトコルの制御プレーンとして,SDNのコントローラ負荷軽減手法のひとつであるHoverboard Gateway Modelを活用し,データスループットの向上と制御プレーンの負荷軽減を実現する方法を提案する. 
(英) VLAN and edge-overlay provide virtual networks in data centers.
In particular, edge-overlay is widely used because it can build virtual networks over IP networks.
Although the non-encapsulation edge-overlay network virtualization is proposed as an approach for throughput enhancement, it increases load of control plane in proportion to the number of L4 sessions established between all virtual machines in a data center.
In this paper, we propose an approach which enhances throughput and reduces load of control plane using the non-encapsulation edge-overlay virtualization and Hoverboard Gateway Model which is proposed to reduce load of SDN controllers.
キーワード (和) 仮想ネットワーク / オーバレイネットワーク / SDN / / / / /  
(英) Network Virtualization / Overlay Network Virtualization / SDN / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 29, NS2019-22, pp. 13-18, 2019年5月.
資料番号 NS2019-22 
発行日 2019-05-09 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2019-22

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2019-05-16 - 2019-05-17 
開催地(和) 工学院大学 新宿キャンパス 
開催地(英) Kogakuin Univ. (Shinjuku Campus) 
テーマ(和) 高度プロトコル・ネットワーキング技術(IP及び高位レイヤルーチング・フィルタリング,マルチキャスト,品質・経路制御),IPNWの利用技術(P2P,P4P,オーバレイ,SIP,NGN),ネットワークシステム関連技術(システム構成法,インタフェース,アーキテクチャ,ハードウェア・ソフトウェア・ミドルウェア),セキュリティ,ブロックチェーン,一般 
テーマ(英) High level protocol, Networking technologies (IP and high-layer routing/filtering, Multicast, Quality/Routing control), IP network application technologies (P2P, P4P, Overlay, SIP, NGN), Network system related technologies (System configuration, Interface, Architecture, Hardware/Software/Middleware), Security, Blockchain etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-05-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エッジオーバレイにおける汎用デバイスを用いたデータセンタネットワークのスループット向上手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Enhancement with Edge Overlay Using Commodity Devices in Data Center Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想ネットワーク / Network Virtualization  
キーワード(2)(和/英) オーバレイネットワーク / Overlay Network Virtualization  
キーワード(3)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 大輝 / Hiroki Kawahara / カワハラ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坐畠 智 / Satoshi Ohzahata / オオザハタ サトシ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 聰彦 / Toshihiko Kato / カトウ トシヒコ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-16 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2019-22 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.29 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2019-05-09 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会