お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-24 14:10
車いすバスケットボールにおける慣性センサを用いた漕ぎ検出法の検討
長谷川凌佑内山 彰東野輝夫阪大SeMI2019-14
抄録 (和) 車椅子バスケットボールにおいて,車椅子の操作(漕ぎ)はあらゆる場面において最も基礎的かつ重要な 動作であり,選手は日々漕ぎの技術を向上させるため,努力を重ねている.しかしながら,漕ぎ方の善し悪しを判断 したり,漕ぎ方の癖を把握することは熟練者の指導が必要であり,容易ではない.そこで本研究では,車椅子バス ケットボールにおける選手の技術向上支援を目的として,慣性センサによる漕ぎ検出法の検討を行った.各選手の漕 ぎを検出するため,競技用車いすの左右の車軸にモーションセンサを固定し,得られる角速度を用いて漕ぎの発生を 検出する.車椅子を漕ぐことによって発生する車輪の回転は,角速度に顕著に表れるため,まず漕ぎが発生した可能 性がある期間をピークと谷の検出によって分割する.その後,閾値に基づき車輪を回す動作(PUSH)と止める動作(STOP)の 2 種類に分類する.性能評価のため,実際に車いすバスケットボールの練習試合においてデータ収集を 行った.その結果,約 2 分間の試合において PUSH の適合率,再現率はそれぞれ 84.0%,91.5% であり,STOP の適 合率,再現率はそれぞれ 79.5%,80.3% となり,漕ぎ方の特徴を把握するうえでは十分な性能であることが確認でき た.さらに,漕ぎ検出の有効性を確認するため,選手の漕ぎ方の特徴の違いを分析した結果,漕ぎ方の癖や場所によ る漕ぎ方の差異を定量的に把握することができ,技術向上に有用な見通しを得た. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 車いすバスケットボール / モーションセンサ / 行動認識 / 漕ぎ検出 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 53, SeMI2019-14, pp. 207-212, 2019年5月.
資料番号 SeMI2019-14 
発行日 2019-05-16 (SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SeMI2019-14

研究会情報
研究会 SeMI IPSJ-ITS IPSJ-MBL IPSJ-DPS  
開催期間 2019-05-23 - 2019-05-24 
開催地(和) 奄美市社会福祉センター 
開催地(英) Amami-shi Syakai Fukushi Center 
テーマ(和) センシング,モビリティ,モバイル・ユビキタスコンピューティング,センサ・アドホック・モバイルネットワーク,アプリケーション,一般 
テーマ(英) Sensing, Mobility, Mobile/Ubiquitous Computing, Sensor/Adhoc/Mobile Network, Application, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2019-05-SeMI-ITS-MBL-DPS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車いすバスケットボールにおける慣性センサを用いた漕ぎ検出法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Pushing Detection in Wheelchair Basketball Using Inertial Sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車いすバスケットボール /  
キーワード(2)(和/英) モーションセンサ /  
キーワード(3)(和/英) 行動認識 /  
キーワード(4)(和/英) 漕ぎ検出 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 凌佑 / Ryosuke Hasegawa / ハセガワ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 彰 / Akira Uchiyama / ウチヤマ アキラ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 輝夫 / Teruo Higashino / ヒガシノ テルオ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-05-24 14:10:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 SeMI2019-14 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.53 
ページ範囲 pp.207-212 
ページ数
発行日 2019-05-16 (SeMI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会