お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-03 11:15
[ポスター講演]FILSとDTNを用いた通信途絶領域内における災害保健医療情報伝達訓練
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明NICT)・前野 誉スペースタイムエンジニアリング)・加藤新良太石原 進静岡大)・高井峰生阪大
抄録 (和) 南海トラフ地震などの大規模災害時において,既存通信システムが障害等により途絶することが予測されている.このような状況下において,病院等の医療救護所では,市町村の災害対策本部,県の医療指揮調整本部への報告や支援要請,EMIS(Emergency Medical Information System)への情報入力などを防災行政無線により行わなければならない.しかし,防災行政無線の設置拠点が限られること,伝言ミスやFAX 送付の遅延など課題が多かった.我々は,これらの課題解決のため,簡易無線とIEEE802.11ai FILS(Fast Initial Link Setup)技術,DTN(Delay/Disruption Tolerant Network)技術を組み合わせた移動通信システムを開発し,2019 年度高知県総合防災訓練における医療救護訓練においてそのシステムを用いた情報伝達訓練を行った.本稿では,本システムの概要及び訓練の内容を紹介する. 
(英) It is predicted that the existing communication systems such as cellular system will be disrupted after a large-scale disaster such as Nankai Trough earthquake. In such a situation, it is necessary for the medical emergency response people in hospitals to request supports or report to the local government headquarters or prefectural government’s emergency response and coordination headquarters, or input the hospital information into the EMIS (Emergency Medical Information System) through voice communication or FAX by using disaster prevention administration radio system. However, there were many problems in the communications via the disaster prevention administration radio system. In order to solve these problems, we developed a mobile communication system combining Digital Convenience Radio, IEEE 802.11ai FISL (Fast Initial Link Setup) technology and DTN (Delay / Disruption Tolerant Network) technology, and demonstrated at the disaster medical relief drill 2019 in Kochi Prefecture. In this poster, the overview of the system and operations of the system are introduced.
キーワード (和) 災害保健医療 / 防災訓練 / DTN / FILS / / / /  
(英) Disaster health care medical / Disaster Drill / DTN / FILS / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MIKA  
開催期間 2019-10-02 - 2019-10-04 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線通信システム, 一般 
テーマ(英) Wireless Communication System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MIKA 
会議コード 2019-10-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FILSとDTNを用いた通信途絶領域内における災害保健医療情報伝達訓練 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Disaster Health Care and Medical Information Communication Drill in the Area of Communication Blackout Using FILS and DTN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害保健医療 / Disaster health care medical  
キーワード(2)(和/英) 防災訓練 / Disaster Drill  
キーワード(3)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(4)(和/英) FILS / FILS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 剛至 / Goshi Sato / サトウ ゴウシ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 天間 克宏 / Katsuhiro Temma / テンマ カツヒロ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久利 敏明 / Toshiaki Kuri / クリ トシアキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前野 誉 / Taka Maeno / マエノ タカ
第5著者 所属(和/英) 株式会社スペースタイムエンジニアリング (略称: スペースタイムエンジニアリング)
Space-time Engineering, Inc. (略称: STE)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 新良太 / Arata Kato / カトウ アラタ
第6著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 進 / Susumu Ishihara / イシハラ ススム
第7著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 峰生 / Mineo Takai / タカイ ミネオ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-10-03 11:15:00 
発表時間 50分 
申込先研究会 MIKA 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会