お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-30 15:25
オクルージョンのある実物体と黒に近い低輝度の実物体の奥行き知覚を変化可能な実物DFD表示
岩本生宮水科晴樹陶山史朗徳島大HIP2019-52
抄録 (和) DFD (Depth-fused 3D) 表示を用いることにより,オクルージョンで部分的に隠されている実物体であっても,その実物体の後方および前方にその実物体の画像を追加することにより,その実物体の知覚される奥行きを,後方だけでなく,それを隠している前方の実物体の前方にも変化させることが可能であることが分かった.さらに,前方に透過率を変化できるディスプレイを追加することにより,黒色に近い暗い実物体の知覚される奥行きを,前方だけでなく,後方にも変化させることも可能であることも明らかにした. 
(英) Depth-fused 3D display can successfully change perceived depth of occluded rear real object from behind rear object to in front of front object by adding rear object image behind and in front of rear object. Moreover, perceived depth of dark real object can be changed by changing added front-display transmittance.
キーワード (和) DFD表示 / 実物体 / 知覚奥行き / オクルージョン / / / /  
(英) DFD display / Real Object / Perceived depth / Occlusion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 254, HIP2019-52, pp. 25-29, 2019年10月.
資料番号 HIP2019-52 
発行日 2019-10-23 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2019-52

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2019-10-30 - 2019-10-31 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Eye Movement (including Accommodation and Pupil), Spatial Perception (Depth Perception, Motion Perception, etc.), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2019-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オクルージョンのある実物体と黒に近い低輝度の実物体の奥行き知覚を変化可能な実物DFD表示 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real-Object DFD (Depth-fused 3D) display Can Successfully Achieve Perceived Depth Change of Rear Real Object Occluded by Front Real Object and Low Luminance Real Object near Black 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DFD表示 / DFD display  
キーワード(2)(和/英) 実物体 / Real Object  
キーワード(3)(和/英) 知覚奥行き / Perceived depth  
キーワード(4)(和/英) オクルージョン / Occlusion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 生宮 / Oku Iwamoto / イワモト オク
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水科 晴樹 / Haruki Mizushina / ミズシナ ハルキ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 史朗 / Shiyo Suyama / スヤマ シロウ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-30 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 HIP2019-52 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数
発行日 2019-10-23 (HIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会