お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-30 15:00
周辺視野の垂直視差が中心視野の水平視差による奥行き弁別閾値に与える影響
劉 勁冬久方瑠美金子寛彦東工大HIP2019-51
抄録 (和) 本研究の目的は、視野周辺の垂直視差情報が、視野中心の水平視差弁別閾値に与える影響を明らかにすることである.刺激は水平方向並んだ3本の垂直線であった。中心線の奥行きは水平視差で定義され、周辺刺激線のディスプレイに対する水平視差はゼロであった。周辺刺激線のサイズ(長さ)・偏心度を操作して実験を行なった。被験者は中心線が周辺線より自分に近いか遠いかを判断した。結果として、周辺垂直視差が定義されない条件では、周辺垂直視差が明確に定義される条件より中心の水平視差の弁別閾値が大きくなった(感度が下がった)。また、周辺垂直視差が中心水平視差の弁別閾値に与える影響は、垂直視差情報の垂直方向サイズまたは偏心度が異なることによって変わることが示された。 
(英) In this study, we investigated how periphery vertical disparity affects the horizontal disparity threshold for depth perception in the center. The stimulus consisted of three vertical lines arranged horizontally. The middle line’s depth was defined by horizontal disparity and the side lines’ depth is the same as that of the display. We manipulated the vertical size and eccentricity of the side lines and set middle line’s disparity in 8 steps. Observer’s task was to judge whether the middle line was near or further than the side lines. The results showed that when the periphery vertical disparity was not defined, the threshold of depth perception defined by central horizontal disparity increased (less sensitivity), and that the vertical size and eccentricity of the periphery vertical disparity also affected the sensitivity. These results indicate that vertical disparity extracted in specific area in the periphery affects the detection of horizontal disparity in the center.
キーワード (和) 両眼視差 / 垂直視差 / 弁別閾値 / 相互作用 / / / /  
(英) binocular disparity / vertical disparity / discrimination threshold / interaction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 254, HIP2019-51, pp. 21-23, 2019年10月.
資料番号 HIP2019-51 
発行日 2019-10-23 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2019-51

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2019-10-30 - 2019-10-31 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Eye Movement (including Accommodation and Pupil), Spatial Perception (Depth Perception, Motion Perception, etc.), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2019-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周辺視野の垂直視差が中心視野の水平視差による奥行き弁別閾値に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of periphery vertical disparity on the threshold of depth perception defined by central horizontal disparity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 両眼視差 / binocular disparity  
キーワード(2)(和/英) 垂直視差 / vertical disparity  
キーワード(3)(和/英) 弁別閾値 / discrimination threshold  
キーワード(4)(和/英) 相互作用 / interaction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 勁冬 / Jindong Liu / リュウ ジンドン
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久方 瑠美 / Rumi Hisakata / ヒサカタ ルミ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 寛彦 / Hirohiko Kaneko / カネコ ヒロヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-30 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 HIP2019-51 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.21-23 
ページ数
発行日 2019-10-23 (HIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会