お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-31 09:50
準天頂衛星みちびきから放送される災害・危機通報の間欠受信方法の検討
高橋 賢広島市大CS2019-62
抄録 (和) 準天頂衛星「みちびき」は,GPSと同等のフォーマットによる測位信号を放送するのみならず,その測位精度を高める補強信号や,災害や危機に関する情報を伝達するメッセージ信号をも放送している.災害発生時において,その「災害・危機通報」は4秒に1度の頻度で放送されるために,利用者側では間欠受信が可能とされている.一方,平時においては,この災害・危機通報が放送されるタイミングが受信機に対して未知なので,そのままではその受信機に間欠受信を適用できない.本論文では,平時において放送される「ヌルメッセージ」に着目して,その間欠受信方法を提案する. 
(英) The quasi-zenith satellite "Michibiki" not only broadcasts positioning signals in the same format as GPS, but also broadcasts augmentation signals that improve positioning accuracy. The message signals also convey information about disasters and crises information. When a disaster occurs, the disaster and crisis report is broadcast once every 4 seconds, so the user can receive intermittently. However, it is hard to apply the intermittent reception in normal situations, because it is not possible for the receivers to know when this disaster and crisis report will be broadcast. In this report, the characteristic of ``null message'' the satellites broadcast during normal situation is considered and the intermittent reception method is proposed.
キーワード (和) GNSS / 準天頂衛星 / 災害危機通報 / L1S / ヌルメッセージ / / /  
(英) GNSS / quasi-zenith satellite system / disasters and crises information / L1S / null message / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 256, CS2019-62, pp. 1-4, 2019年10月.
資料番号 CS2019-62 
発行日 2019-10-24 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2019-62

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2019-10-31 - 2019-11-01 
開催地(和) 霧島ホテル 
開催地(英) Kirishima-Hotel 
テーマ(和) ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
テーマ(英) Broadband access, Home network, Network service, Communication applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2019-10-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 準天頂衛星みちびきから放送される災害・危機通報の間欠受信方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An intermittent reception method of disaster and crisis management report broadcasted from quazi-zenith satellites Michibiki 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GNSS / GNSS  
キーワード(2)(和/英) 準天頂衛星 / quasi-zenith satellite system  
キーワード(3)(和/英) 災害危機通報 / disasters and crises information  
キーワード(4)(和/英) L1S / L1S  
キーワード(5)(和/英) ヌルメッセージ / null message  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 賢 / Satoshi Takahashi / タカハシ サトシ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-31 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 CS2019-62 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.256 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2019-10-24 (CS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会