お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-15 15:50
サイドチャネル波形の計測分解能が秘密鍵の取得性に与える影響の測定
内海航平東北大)・林 優一奈良先端大)・水木敬明曽根秀昭東北大EMCJ2019-73
抄録 (和) 暗号モジュールの動作時に発生する物理的な現象を利用して秘密鍵を解析するサイドチャネル攻撃が脅威となっている. 暗号処理時に発生する電圧に対する情報漏えい評価の際,様々な誤差によって評価に要する時間が増大する.測定した信号には計測分解能による量子化誤差が生じ、秘密鍵の取得性に影響を与える. これに対し本稿では,測定機器の計測分解能の操作で量子化誤差を変化させ,その影響を解析した. 具体的には,暗号モジュールで発生する電圧をオシロスコープの計測分解能を操作して測定し,得られた波形に相関電力解析を行った. 実験の結果,計測分解能の低下によって秘密鍵の取得が容易となる場合があることを示した. 
(英) A side-channel attack is known as a serious threat which can obtain a secret key by analyzing physical information leakage from cryptographic devices. When we analyze side-channel information to retrieve the key, measurement errors can affect the analysis. The authors analyze an effect of quantization errors on retrieving the key. We performed correlation power analysis(CPA), tuning the resolution of the measurement instrument. Through the experiments, The authors showed that it sometimes become easy to retrieve the key for the reduced resolution.
キーワード (和) サイドチャネル解析 / 暗号モジュール / 量子化誤差 / 計測分解能 / / / /  
(英) Side-channel analysis / Cryptographic module / Quantization error / Resolution / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 293, EMCJ2019-73, pp. 13-16, 2019年11月.
資料番号 EMCJ2019-73 
発行日 2019-11-08 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2019-73

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-SPC  
開催期間 2019-11-15 - 2019-11-15 
開催地(和) 機械振興会館 6階67号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 実装,EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2019-11-EMCJ-SPC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サイドチャネル波形の計測分解能が秘密鍵の取得性に与える影響の測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of an Effect of Resolution of Side Channel Waveform on Acquisition of Secret Key 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイドチャネル解析 / Side-channel analysis  
キーワード(2)(和/英) 暗号モジュール / Cryptographic module  
キーワード(3)(和/英) 量子化誤差 / Quantization error  
キーワード(4)(和/英) 計測分解能 / Resolution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 航平 / Kohei Utsumi / ウツミ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 優一 / Yu-ichi Hayashi / ハヤシ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水木 敬明 / Takaaki Mizuki / ミズキ タカアキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根 秀昭 / Hideaki Sone / ソネ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-15 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 EMCJ2019-73 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.293 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数
発行日 2019-11-08 (EMCJ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会