お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-13 10:00
空間的文脈手がかり効果において姿勢変化時に参照される空間座標系の検討
飯島遼生久方瑠美金子寛彦東工大
抄録 (和) 本研究では,空間的文脈手がかり効果(刺激配置の潜在学習)において姿勢変化を伴う場合に参照される空間座標系を検討した.学習フェーズでは,座位(または横臥位)の状態で視覚探索課題を行い,探索刺激の配置パターンを学習させた.テストフェーズでは,横臥位(または座位)の状態で課題を行った.刺激配置は学習時と身体中心座標系で一致する条件,環境中心座標系で一致する条件があった.結果は,身体中心座標系一致条件での配置パターンで学習が保持された.このことから,空間的文脈手がかりとして学習される配置は身体中心座標系で表現されている可能性が示唆された. 
(英) We examined the spatial coordinate system referenced when posture changes in the spatial contextual cueing effect. In the learning phase, the configuration of the stimulus was learned by the visual search task in the sitting position (or recumbent position). In the test phase, the same task was performed in the recumbent position (or sitting position). In one stimulus condition, the stimulus configuration in the learning and test phases corresponded in the body centered coordinate system, and in another condition the configuration in both phases corresponded in the environment centered coordinate system. As a result, learning was retained in the condition that the configuration was corresponded under the body centered coordinate system. This suggests that the configuration learned as a spatial context cue is represented in the body centered coordinate system.
キーワード (和) 文脈手がかり効果 / 視覚探索 / 姿勢変化 / 環境中心座標系 / 身体中心座標系 / / /  
(英) contextual cueing effect / visual search / posture change / environment centered coordinate system / body centered coordinate system / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2019-12-11 - 2019-12-13 
開催地(和) 広島県情報プラザ(広島) 
開催地(英) Hiroshima-ken Joho Plaza (Hiroshima) 
テーマ(和) HCGシンポジウム2019 
テーマ(英) HCG Symposium 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2019-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間的文脈手がかり効果において姿勢変化時に参照される空間座標系の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spatial coordinate system referenced when posture changes in the spatial contextual cueing effect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 文脈手がかり効果 / contextual cueing effect  
キーワード(2)(和/英) 視覚探索 / visual search  
キーワード(3)(和/英) 姿勢変化 / posture change  
キーワード(4)(和/英) 環境中心座標系 / environment centered coordinate system  
キーワード(5)(和/英) 身体中心座標系 / body centered coordinate system  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯島 遼生 / Ryoki Iijima / イイジマ リョウキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久方 瑠美 / Rumi Hisakata / ヒサカタ ルミ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 寛彦 / Hirohiko Kaneko / カネコ ヒロヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-13 10:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会