お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-13 10:00
調理スペースの概念モデルの可視化の検討
濱 龍太郎斎藤 梓高久由香里LIXIL)・橋本敦史Omron Sinic X
抄録 (和) 本研究では調理エリアのメンタルモデルの可視化・分析の手法を提案する.
ユーザーは作業スペースを分割したエリアとして捉え,そこに目的や用途に応じてアイテム(調理器具および食材)を配置しているという仮説を立てた.
このモデルを分析するために,深層学習で検出したアイテムの配置位置を元にエリアを分割し,そのエリアに置かれたアイテムで意味づけを行なった.ここで,物体検出にはSingle shot multibox detector(SSD)を,エリア分割にはEMアルゴリズムを用いたGaussian
mixture models (GMM)へのフィッティングを,エリアの特徴量抽出にはterm frequency - inverse document frequency (tf-idf)を用いた,なお,tf-idfにおいてはアイテム/エリアの関係を単語/文書として適用した.
結果として,いくつかの調理中のキッチンと調理アイテムの関係性の概念モデルの形状パターンを可視化した. 
(英) This paper proposes a method for visualizing and analyzing conceptual models of cooking space in kitchen.
We hypothesized that users recognize the space as a set of separated areas to which the users allocate cooking items (tools and foods) along with the concepts in their mind.
To model such concepts, we separated cooking areas according to the detected items' location, then characterized these areas by the located items' categories; we use Single shot multibox detector (SSD) for item detection, the EM algorithm with Gaussian Mixture Model (GMM) for dividing the space into areas based on the detected items, and characterize each area with term frequency - inverse document frequency (tf-idf), where we regard each area as a document and items as terms.

In conclusion, we visualized their conceptual models of relationships of kitchen items and the areas, and their shape patterns.
キーワード (和) 人間工学 / 人間中心設計 / 物体検出 / データマイニング / 機械学習 / 概念モデル / /  
(英) Ergonomics / Human-Centric Design / Object detection / Datamining / Machine Learning / Conceptual Models / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2019-12-11 - 2019-12-13 
開催地(和) 広島県情報プラザ(広島) 
開催地(英) Hiroshima-ken Joho Plaza (Hiroshima) 
テーマ(和) HCGシンポジウム2019 
テーマ(英) HCG Symposium 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2019-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 調理スペースの概念モデルの可視化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization of conceptual model of cooking workspace 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人間工学 / Ergonomics  
キーワード(2)(和/英) 人間中心設計 / Human-Centric Design  
キーワード(3)(和/英) 物体検出 / Object detection  
キーワード(4)(和/英) データマイニング / Datamining  
キーワード(5)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(6)(和/英) 概念モデル / Conceptual Models  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱 龍太郎 / Ryutaro Hama / ハマ リュウタロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社LIXIL (略称: LIXIL)
LIXIL Corporation (略称: LIXIL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 梓 / Azusa Saito / サイトウ アズサ
第2著者 所属(和/英) 株式会社LIXIL (略称: LIXIL)
LIXIL Corporation (略称: LIXIL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高久 由香里 / Yukari Takaku / タカク ユカリ
第3著者 所属(和/英) 株式会社LIXIL (略称: LIXIL)
LIXIL Corporation (略称: LIXIL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 敦史 / Atsushi Hashimoto / ハシモト アツシ
第4著者 所属(和/英) オムロンサイニックエックス株式会社 (略称: Omron Sinic X)
OMRON SINIC X Corp (略称: Omron Sinic X)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-12-13 10:00:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会