お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-22 10:30
[ポスター講演]2つの縦振動子と斜めスリット付き一様棒を用いた複合振動源の振動特性
三枝直樹淺見拓哉三浦 光日大US2019-77 EA2019-90
抄録 (和) 従来,超音波を用いた接合の振動方向は一方向の直線状であることが多いため,接合対象へのダメー
ジが大きく,接合強度が小さいことが問題として挙げられている.そこで我々は振動方向を面状にすることで,接
合対象へのダメージが縦振動のみの場合と比べて小さく,接合強度の向上が見込めることを示してきた.
本研究では,2 個の縦振動子と斜めスリット付き一様棒を用いた新たな複合振動源の開発を行い,その振動特性
について検討を行った.その結果,振動源の左右でインピーダンス特性に非対称性があるものの,両振動子にそれ
ぞれ縦またはねじり振動共振周波数を同時に入力することで,面状の振動を得られることが分かった. 
(英) Conventionally, since the vibration direction of the welding using ultrasonic wave is linear in one direction, the
damage to the welding object is large and the welding strength is small. Then, we have investigated that the damage to the
welding object is smaller than the case of only the longitudinal vibration and the improvement in the welding strength can be
expected by making the planar vibration direction. In this study, a new complex vibration source using two longitudinal vibration
transducers and a uniform rod with diagonal slits was developed, and its vibration characteristics were examined. As the results,
it was found that the planar vibration could be obtained by simultaneously inputting longitudinal and torsional vibration
resonance to both vibration transducers, though there was asymmetry in impedance characteristics at right and left of the vibration
source.
キーワード (和) 複合振動 / 斜めスリット / 縦振動 / ねじり振動 / 面状振動 / / /  
(英) Complex vibration / Diagonal slits / Longitudinal vibration / Torsional vibration / Planar vibration / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 374, US2019-77, pp. 41-45, 2020年1月.
資料番号 US2019-77 
発行日 2020-01-15 (US, EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2019-77 EA2019-90

研究会情報
研究会 EA US  
開催期間 2020-01-22 - 2020-01-23 
開催地(和) 同志社大学 
開催地(英) Doshisha Univ. 
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会>応用/電気音響,超音波,一般(共催:同志社大学超音波応用科学研究センター) 
テーマ(英) [Joint Meeting on Acoustics and Ultrasonics Subsociety] Engineering/Electro Acoustics, Ultrasonics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2020-01-EA-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2つの縦振動子と斜めスリット付き一様棒を用いた複合振動源の振動特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Vibration characteristics of complex vibration source using two longitudinal vibration transducers and a uniform rod with diagonal slits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複合振動 / Complex vibration  
キーワード(2)(和/英) 斜めスリット / Diagonal slits  
キーワード(3)(和/英) 縦振動 / Longitudinal vibration  
キーワード(4)(和/英) ねじり振動 / Torsional vibration  
キーワード(5)(和/英) 面状振動 / Planar vibration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三枝 直樹 / Naoki Saegusa / サエグサ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺見 拓哉 / Takuya asami / アサミ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 光 / Hikaru miura / ミウラ ヒカル
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-01-22 10:30:00 
発表時間 120分 
申込先研究会 US 
資料番号 US2019-77, EA2019-90 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.374(US), no.375(EA) 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数
発行日 2020-01-15 (US, EA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会