お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-31 15:20
IoTソリューションによる屋内避難誘導システムの検討
高田 響大代浩一朗中村紀香運上和也伊藤 尚富山高専CAS2019-92 ICTSSL2019-61
抄録 (和) 我々はこれまでに避難行動マルチエージェントシミュレーションモデルを用いて,誘導者が避難時間に与える影響を評価してきた.本研究では実機における誘導方法として, IoTソリューションを用いた屋内避難誘導システムを開発していく.IoT屋内避難誘導システムとは,避難者のスマートフォンに避難誘導指示を送信し,避難完了時間の改善を試みるシステムのことである.現段階では,マイコンで火災報知器からの火災発生信号を読み取り,アクセスポイント(以下AP)を通して,その情報をスマートフォンに送信することができている. 
(英) We have evaluated the effect of the leader on the evacuation time using the multi-agent simulation model for evacuation behavior. In this study, we will develop an indoor evacuation guidance system using IoT solution as a guidance method in actual equipment. The IoT indoor evacuation guidance system is a system that attempts to improve the evacuation completion time by sending evacuation guidance instructions to the evacuees' smartphones. At present, the fire signal from the fire alarm can be read, and the information can be transmitted to the smartphone through the access point (AP).
キーワード (和) IoT / 避難誘導 / AP / スマートフォン / / / /  
(英) IoT / Evacuation Guidance / AP / Smartphone / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 400, CAS2019-92, pp. 145-147, 2020年1月.
資料番号 CAS2019-92 
発行日 2020-01-23 (CAS, ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2019-92 ICTSSL2019-61

研究会情報
研究会 ICTSSL CAS  
開催期間 2020-01-30 - 2020-01-31 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生セッション,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2020-01-ICTSSL-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoTソリューションによる屋内避難誘導システムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of indoor evacuation guidance system by IoT solution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) 避難誘導 / Evacuation Guidance  
キーワード(3)(和/英) AP / AP  
キーワード(4)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 響 / Kyo Takata / タカタ キョウ
第1著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology ,Toyama College (略称: NITT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大代 浩一朗 / Koichiro Daidai / ダイダイ コウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology ,Toyama College (略称: NITT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 紀香 / Norika Nakamura /
第3著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology ,Toyama College (略称: NITT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 運上 和也 / Kazuya Unjo / ウンジョウ カズヤ
第4著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology ,Toyama College (略称: NITT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 尚 / Nao Ito / イトウ ナオ
第5著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology ,Toyama College (略称: NITT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-01-31 15:20:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 CAS 
資料番号 CAS2019-92, ICTSSL2019-61 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.400(CAS), no.401(ICTSSL) 
ページ範囲 pp.145-147 
ページ数
発行日 2020-01-23 (CAS, ICTSSL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会