お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-21 16:25
フォグコンピューティングにおけるセンサデータ管理方式の提案
工藤 司静岡理工科大SWIM2019-31
抄録 (和) IoTの進展に伴い,大量のセンサがインターネットに接続されるようになっている.センサデータを効率的に転送するために,センサの近くに設置されたフォグノードで一次処理を行い,クラウドサーバにはその結果のみを転送するフォグコンピューティングが提案されている.さらに,フォグノードにオリジナルのセンサデータを保存しておき,クラウドサーバから必要なデータを参照する方式が提案された.しかし,膨大なセンサデータの中からあいまいな条件で対象データを検索することは,効率の低下を招くことになる.本研究では,フォグノードに一次処理の中間結果を保存しておき,これを活用して検索する方式を提案する.さらに,ビデオ画像から自動的に対象を判別する事例を対象にした実験により,検索効率を向上できることを示す. 
(英) With the progress of IoT, a large number of sensors are being connected to the Internet. To transfer sensor data efficiently, fog computing has been proposed in which primary processing is performed at fog nodes installed near the sensors and only its results are transferred to a cloud server. Also, a method has been proposed in which the original sensor data is stored at the fog nodes and the necessary data is referred from the cloud server. However, retrieving target data from enormous sensor data by ambiguous conditions will decrease efficiency. In this study, I propose a method to store intermediate results of primary processing in fog nodes and utilizing them to efficiently retrieve the target data. Furthermore, I show that the retrieval efficiency can be improved through experiments in the case where the target is automatically identified from video images.
キーワード (和) フォグコンピューティング / エッジコンピューティング / IoT / データベース / MongoDB / 画像処理 / /  
(英) fog computing / edge computing / IoT / database / MongoDB / image processing / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 419, SWIM2019-31, pp. 39-45, 2020年2月.
資料番号 SWIM2019-31 
発行日 2020-02-14 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SWIM2019-31

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2020-02-21 - 2020-02-21 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般、学生セッション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2020-02-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フォグコンピューティングにおけるセンサデータ管理方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of sensor data management method for fog computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フォグコンピューティング / fog computing  
キーワード(2)(和/英) エッジコンピューティング / edge computing  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) データベース / database  
キーワード(5)(和/英) MongoDB / MongoDB  
キーワード(6)(和/英) 画像処理 / image processing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 司 / Tsukasa Kudo / クドウ ツカサ
第1著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Shizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-02-21 16:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 SWIM2019-31 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.419 
ページ範囲 pp.39-45 
ページ数
発行日 2020-02-14 (SWIM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会