お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-06 15:10
FDTD法による様々な差動線路パターンの伝送特性解析
赤羽真和北原 廉長野高専)・山極大葵電通大)・春日貴志長野高専EMD2019-66 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2019-66
抄録 (和) 近年,PCやスマートフォン,情報機器などの大容量のデータを高速処理するため,信号のクロック周波数はGHz帯を用い,信号配線はパラレル差動線路が用いられる.パラレル線路は,配線長を一致させるために配線を屈曲させるミアンダパターンが用いられる.基板設計で用いる線路パターンのデータベースを作成することを目標として,本研究ではミアンダパターンにおける伝送特性を解析した.直線線路と基板端との距離間を変化させたモデル,ミアンダの個数を変化させたモデル,ミアンダの個数と折り曲げ量を変化させた場合のモデルを解析した.直線線路の伝送特性は実験と解析で一致した.基板端へ線路を近づけた場合は,Sdd21に変化はなく,Scd21は増加した.直線線路とミアンダ線路を比較した場合,ミアンダ線路のSdd21は13.5GHzより高い周波数で減衰量が増え,Scd21は全周波数帯でコモンモード変換量が増えた.ミアンダの個数を増やした場合では,信号減衰量が大きくなった.ミアンダの折り曲げ量を大きくした場合でも,信号減衰量が大きくなった. 
(英) In recent years, the clock frequency of signals has been used in the GHz band for high-speed processing of large volumes of data such as PCs, smartphones, and information devices, and parallel differential lines have been used for signal wiring. For the parallel lines, meander patterns that bend the wiring to match the wiring length are used. In this study, to create the database of line patter used in board design, the transmission characteristics of meander patterns are analyzed. The model in which the distance between the straight line and the edge of the board is changed, the model in which the number of meanders is changed, and the model in which the number of meanders and the amount of bending are changed are analyzed. The transmission characteristics of the straight line agreed between the experiment and the analysis. When the distance between the line and the board edge is reduced, Sdd21 does not change and Scd21 increased. When comparing the straight line and the meander line, the attenuation of the meander line Sdd21 increases at frequencies higher than 13.5 GHz, and the common mode conversion of the Scd21 increases in all frequency bands. When the number of meanders was increased, the signal attenuation increased. When the bending length of the meanders pattern is increased, the signal attenuation increased.
キーワード (和) ミアンダ線路 / 伝送特性 / FDTD法 / 複素誘電率 / / / /  
(英) Meander patters / Transmission characteristics / FDTD method / Complex permittivity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 466, EMD2019-66, pp. 37-41, 2020年3月.
資料番号 EMD2019-66 
発行日 2020-02-28 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2019-66 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2019-66

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2020-03-06 - 2020-03-06 
開催地(和) 千葉工業大学 津田沼キャンパス 6号館1F 612講義室 
開催地(英) CHIBA Institute of Technology Tsudanuma Campus 
テーマ(和) ショートノート(卒論・修論特集) 
テーマ(英) Short NOTE 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2020-03-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FDTD法による様々な差動線路パターンの伝送特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) FDTD Analysis of Transmission Characteristic for the Various Differential Line Patterns 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミアンダ線路 / Meander patters  
キーワード(2)(和/英) 伝送特性 / Transmission characteristics  
キーワード(3)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(4)(和/英) 複素誘電率 / Complex permittivity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤羽 真和 / Masakazu Akahane / アカハネ マサカズ
第1著者 所属(和/英) 長野工業高等専門学校 (略称: 長野高専)
National Institute of Technology Nagano College (略称: NIT Nagano Collage)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 廉 / Ren Kitahara / キタハラ レン
第2著者 所属(和/英) 長野工業高等専門学校 (略称: 長野高専)
National Institute of Technology Nagano College (略称: NIT Nagano Collage)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山極 大葵 / Taiki Yamagiwa / ヤマギワ タイキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日 貴志 / Kasuga Takashi / カスガ タカシ
第4著者 所属(和/英) 長野工業高等専門学校 (略称: 長野高専)
National Institute of Technology Nagano College (略称: NIT Nagano Collage)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-03-06 15:10:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 EMD 
資料番号 EMD2019-66 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数
発行日 2020-02-28 (EMD) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会