お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-17 10:35
方形開口の結合問題に現れる二重無限積分の高精度計算法について
芹澤弘秀岩垣 侑沼津高専EMT2020-19 MW2020-28 OPE2020-14 EST2020-19 MWP2020-19 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2020-19 MW2020-28 OPE2020-14 EST2020-19 MWP2020-19
抄録 (和) 複数の方形開口による平面電磁波の回折問題を小林ポテンシャルの方法で厳密に定式化すると, 4個のベッセル関数と2個の三角関数を含む複雑な二重無限積分が現れる. この積分を希望の精度で計算するために積分領域を複数の有限領域と無限領域に分割し, 無限領域ではベッセル関数の漸近展開を用いることで無限積分の一部を初等関数だけを含む単純な形の無限積分に変換した. さらに, いくつかの基本的な積分に関しては, 計算コードを開発してその精度を調べた. 
(英) When the Kobayashi potential method is applied to exactly formulate the diffraction problem of an electromagnetic plane wave by multiple rectangular apertures, complex double infinite integrals whose integrands consist of four Bessel functions and two trigonometric functions appear. In order to calculate these integrals with the desired accuracy, the integration region is divided into several finite and infinite regions, and in the infinite regions, the asymptotic expansion of the Bessel function is applied to convert the integrals into simple infinite integrals containing only elementary functions. For some basic integrals, we develop calculation codes and investigate their accuracy.
キーワード (和) 小林ポテンシャル / 方形開口 / 相互結合 / 二重無限積分 / 漸近展開 / 計算精度 / /  
(英) Kobayashi potential / rectangular hole / mutual coupling / double infinite integrals / asymptotic expansion / calculation accuracy / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 100, EMT2020-19, pp. 71-76, 2020年7月.
資料番号 EMT2020-19 
発行日 2020-07-09 (EMT, MW, OPE, EST, MWP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2020-19 MW2020-28 OPE2020-14 EST2020-19 MWP2020-19 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2020-19 MW2020-28 OPE2020-14 EST2020-19 MWP2020-19

研究会情報
研究会 EMT MW OPE EST MWP THz IEE-EMT  
開催期間 2020-07-16 - 2020-07-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 光・電波ワークショップ 
テーマ(英) Light wave & Electromagnetic Wave Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2020-07-EMT-MW-OPE-EST-MWP-THz-EMT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 方形開口の結合問題に現れる二重無限積分の高精度計算法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-precision calculation method of double infinite integrals appearing in the coupling problem of rectangular apertures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 小林ポテンシャル / Kobayashi potential  
キーワード(2)(和/英) 方形開口 / rectangular hole  
キーワード(3)(和/英) 相互結合 / mutual coupling  
キーワード(4)(和/英) 二重無限積分 / double infinite integrals  
キーワード(5)(和/英) 漸近展開 / asymptotic expansion  
キーワード(6)(和/英) 計算精度 / calculation accuracy  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芹澤 弘秀 / Hirohide Serizawa / セリザワ ヒロヒデ
第1著者 所属(和/英) 沼津工業高等専門学校 (略称: 沼津高専)
National Institute of Technology, Numazu College (略称: NIT, Numazu College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩垣 侑 / Yu Iwagaki / イワガキ ユウ
第2著者 所属(和/英) 沼津工業高等専門学校 (略称: 沼津高専)
National Institute of Technology, Numazu College (略称: NIT, Numazu College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-07-17 10:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMT 
資料番号 EMT2020-19, MW2020-28, OPE2020-14, EST2020-19, MWP2020-19 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.100(EMT), no.101(MW), no.102(OPE), no.103(EST), no.104(MWP) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数
発行日 2020-07-09 (EMT, MW, OPE, EST, MWP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会