お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-29 10:30
[ポスター講演]ピークキャンセラを適用した大規模MIMO-OFDMのための適応帯域内歪み補償の検討
波瀬浩樹牟田 修九大
抄録 (和) 大規模MIMO-OFDM (Multi-input multi-output-orthogonal frequency division multiplexing) システムでは, 送信信号のピーク電力対平均電力比(PAPR: Peak-to-average power ratio) の低減が重要な課題となる.
大規模MIMO-OFDMにおいて, ピークキャンセラとその歪み補償技術を併用する手法が提案されている.
この方式はピークキャンセラにより生じた誤差信号を大規模MIMO の余剰のアンテナから送信することで受信機側で特別な信号処理を行うことなく歪み補償を行うものであり, 特に高次の多値変調を用いる場合に伝送特性の劣化を抑えながらピーク電力を低減できる.
本論文では, ピークキャンセラを適用した大規模MIMO-OFDM において, ユーザー毎の変調方式や通信状態に応じて余剰アンテナ数を適応的に選択することで,適応的に歪み補償を行う手法について評価検討する.
具体的には, 各ユーザーが最適な変調方式を選択する前提で, 歪み補償後のユーザー合計レートを最大とする余剰アンテナ数を選択する.
計算機シミュレーション評価により, 変調方式に応じて余剰のアンテナを適応的に選択することで達成できる伝送レートの改善できることを示す. 
(英) In massive multi-input multi-output (mMIMO) orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) systems, the reduction of the high peak-to-average power ratio (PAPR) is a challenging problem.
For mMIMO-OFDM systems, a peak canceller based PAPR reduction and its in-band distortion compensation technique utilizing the extra degree of freedom in mMIMO has been proposed, where error signal due to peak canceller is transmitted from extra antennas to receiver sides so that in-band distortion is automatically compensated at the receiver sides without any specific signal processing.
In this article, we investigate an adaptive in-band distortion compensation (AIDC) method for mMIMO-OFDM systems with deep PC, by selecting the number of extra antennas adaptively according to order modulations of each user and communication environments.
Specifically, we determine the number of extra antennas so that user sum-rate after in-band distortion compensation is maximized when each user selects the best order modulation.
Through simulation, we clarify that achieved data rate is improved by adaptively selecting the number of extra antennas for in-band distortion according to modulation order.
キーワード (和) 大規模MIMO / OFDM / ピーク電力対平均電力比(PAPR) / ピークキャンセラ / 帯域内歪み補償 / / /  
(英) Massive MIMO / OFDM / PAPR / peak cancellation / in-band distortion compensation / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MIKA  
開催期間 2021-10-27 - 2021-10-29 
開催地(和) 沖縄県市町村自治会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線通信システム, 一般 
テーマ(英) Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MIKA 
会議コード 2021-10-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ピークキャンセラを適用した大規模MIMO-OFDMのための適応帯域内歪み補償の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive In-band Distortion Compensation for Massive MIMO-OFDM Systems with Deep Peak Cancellation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) ピーク電力対平均電力比(PAPR) / PAPR  
キーワード(4)(和/英) ピークキャンセラ / peak cancellation  
キーワード(5)(和/英) 帯域内歪み補償 / in-band distortion compensation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 波瀬 浩樹 / HIroki Hase / ハセ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牟田 修 / Osamu Muta / ムタ オサム
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-10-29 10:30:00 
発表時間 60分 
申込先研究会 MIKA 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会