お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-30 16:20
ビジュアルプログラミング環境ATにおけるC言語プログラミングへの移行支援機能の開発と評価
平野 晶國宗永佳千葉工大ET2021-20
抄録 (和) 初学者向けのプログラミング学習に,ビジュアルプログラミング(以下,VP)環境を用いることがある.
VPでは使用可能な処理がブロックのような図形要素として画面上に表示されており,それらを組み合わせることでプログラムを作成することができる.
ブロックの組み合わせで作成されたプログラムには文法的な誤りが生じないため,エラーを修正する必要がなく,プログラミングにおける基礎的な概念の学習に集中することができる.
一方,情報分野を専攻する学習者などについては,VPを用いたプログラミングからC言語などのテキストで記述するプログラミングへ移行する必要がある.
そこで,ブロックからC言語によるプログラムへと段階的に移行することを支援するために,VP環境にC言語を記述するためのブロックを追加し,プログラムの一部をC言語で記述することを可能にした.
以前,C言語が混在したプログラム実行するための手法を提案したが,この手法における問題が明らかになった.
本稿ではこの問題を解決する改善手法について述べるとともに,このVP環境を用いた評価について述べる. 
(英) Visual programming environments are appropriate for learning programming for novices learners.
VP environments offer learners available parts of a program as figure elements like blocks, and the learners can create a program by combining the blocks.
Since programs composed of blocks do not include syntax errors, the learners do not need to correct the errors; therefore, the learners concentrate on learning the basic concepts in programming.
On the other hand, learners majoring in computer science / engineering need to migrate from VP programming to text-based programming like C language.
The authors thus add blocks to be written C language program and enable the blocks to be combined with the existing blocks to support progressive migration from VP to C language programming.
We previously proposed a method for implement to execute programs combined VP and C language; however, we found the method include some problems. This paper describes an improved method and the experimental evaluation of the progressive migration on an VP environment.
キーワード (和) ビジュアルプログラミング / プログラミング言語 / 段階的移行 / C言語 / プログラミング教育 / / /  
(英) visual programming / programming language / gradual transition / C language / programming education / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 225, ET2021-20, pp. 23-28, 2021年10月.
資料番号 ET2021-20 
発行日 2021-10-23 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2021-20

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2021-10-30 - 2021-10-30 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 教育のデジタルトランスフォーメーション*特別支援教育・福祉支援/一般 (情報保障が実施されます) 
テーマ(英) Digital Transformation of Education, Special Needs Education and Welfare Support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2021-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビジュアルプログラミング環境ATにおけるC言語プログラミングへの移行支援機能の開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of functionalities for supporting transition to C language programming in visual programming environment: AT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビジュアルプログラミング / visual programming  
キーワード(2)(和/英) プログラミング言語 / programming language  
キーワード(3)(和/英) 段階的移行 / gradual transition  
キーワード(4)(和/英) C言語 / C language  
キーワード(5)(和/英) プログラミング教育 / programming education  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 晶 / Sho Hirano / ヒラノ ショウ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 國宗 永佳 / Hisayoshi Kunimune / クニムネ ヒサヨシ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-10-30 16:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ET 
資料番号 ET2021-20 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.225 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数
発行日 2021-10-23 (ET) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会