お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-06 09:45
[ポスター講演]傾聴システムにおける韻律特徴を活用した非言語的な共感応答の開発
徳田裕紀中村匡秀神戸大)・佐伯幸郎高知工科大KBSE2021-31 SC2021-30
抄録 (和) バーチャルエージェントを活用した傾聴カウンセリングシステムでは,発話者へ共感的応答をすることが重要である.これまでに言語的な共感表出に関しては検討されているが,非言語的な共感は考慮できていない.本稿では,傾聴カウンセリングシステムに対して,非言語的な共感表出実現に向けた機能拡張を行う.提案手法では,発話者の音声を元に韻律的に同調した相槌を生成する.また,提案システムが共感応答を出来ているかシステムとの対話を通じて確認している. 
(英) In the active listening counseling system that utilizes a virtual agent, it is important to respond em-pathically to the speaker. So far, verval empathic response has been examined, but nonverbal empathic response hasnot been considered. In this paper, we will extend the functions of the active listening counseling system to realizenonverbal empathic response. In the proposed method, prosodically synchronized responses is generated based onthe speaker’s voice prosody. In addition, it is confirmed through dialogue with the system whether the proposedsystem is able to respond appropriately to empathy.
キーワード (和) 在宅介護 / バーチャルエージェント / 積極的傾聴 / 共感応答 / / / /  
(英) Home care / Virtual Agent / Active listening / empathic response / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 229, SC2021-30, pp. 37-42, 2021年11月.
資料番号 SC2021-30 
発行日 2021-10-29 (KBSE, SC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2021-31 SC2021-30

研究会情報
研究会 KBSE SC  
開催期間 2021-11-05 - 2021-11-06 
開催地(和) オンライン開催+現地(KBSE:盛岡市,SC:なし) 
開催地(英) Online + Morioka City (KBSE) 
テーマ(和) 「社会変化に伴う際のサービスとソフトウェア・システム構築とその高度化」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SC 
会議コード 2021-11-KBSE-SC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 傾聴システムにおける韻律特徴を活用した非言語的な共感応答の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of nonverbal empathic response utilizing prosodic features for the active listening agent 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 在宅介護 / Home care  
キーワード(2)(和/英) バーチャルエージェント / Virtual Agent  
キーワード(3)(和/英) 積極的傾聴 / Active listening  
キーワード(4)(和/英) 共感応答 / empathic response  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 裕紀 / Yuki Tokuda / トクダ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐伯 幸郎 / Sachio Saiki / サイキ サチオ
第3著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-11-06 09:45:00 
発表時間 10分 
申込先研究会 SC 
資料番号 KBSE2021-31, SC2021-30 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.228(KBSE), no.229(SC) 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数
発行日 2021-10-29 (KBSE, SC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会