お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-12-04 12:40
[招待講演]情報倫理教育における「数理・データサイエンス・AI」と放送大学の取り組み
辰己丈夫放送大SITE2021-43
抄録 (和) 「数理・データサイエンス・AI」が、国内各大学において導入されることになり、多くの大学が、実施に向けて準備を進めている。筆者が所属する放送大学では、数理・データサイエンス・AIリテラシー講座の遠隔受講システムを構築し、他大学に対しても解放している。また、当講座の「心得」では情報倫理と情報セキュリティを取り上げた。本講演では、なぜ、「数理・データサイエンス・AI」の学習において、情報倫理と情報セキュリティが必要とされているのか、そして、これまでの一般情報教育との関わりについて議論をする。 
(英) "Mathematical Sciences, Data Science, and AI" will be introduced at universities in Japan, and many universities are preparing for its implementation. The Open University of Japan, to which the author belongs, has established a remote learning system for the Mathematical Sciences, Data Science, and AI Literacy course, and is making it available to other universities. In addition, this course covers information ethics and information security. In this talk, we will discuss why information ethics and information security are needed in learning "Mathematical and Data Science and AI", and how they relate to the general information education we have been providing.
キーワード (和) 数理・データサイエンス・AI / 放送大学 / 遠隔教育 / / / / /  
(英) Mathematical aspect, data science, and AI / Open University / distance education / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 283, SITE2021-43, pp. 9-12, 2021年12月.
資料番号 SITE2021-43 
発行日 2021-11-26 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2021-43

研究会情報
研究会 SITE IPSJ-CE IPSJ-CLE  
開催期間 2021-12-03 - 2021-12-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 学習データの利活用, インターネットと情報倫理教育, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2021-12-SITE-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報倫理教育における「数理・データサイエンス・AI」と放送大学の取り組み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mathematics, Data Science, and AI in Information Ethics Education and the Open University of Japan 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 数理・データサイエンス・AI / Mathematical aspect, data science, and AI  
キーワード(2)(和/英) 放送大学 / Open University  
キーワード(3)(和/英) 遠隔教育 / distance education  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辰己 丈夫 / Takeo Tatsumi / タツミ タケオ
第1著者 所属(和/英) 放送大学 (略称: 放送大)
The Open University of Japan (略称: Open Univ. Japan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-12-04 12:40:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 SITE 
資料番号 SITE2021-43 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.283 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数
発行日 2021-11-26 (SITE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会