お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-03 09:30
[ポスター講演]無線センサネットワークにおける複数の観測データ発生源省電力同定法に関する一検討
白石順哉四方博之関西大RCS2021-277 SR2021-104 SRW2021-77
抄録 (和) 本稿では,無線センサネットワーク (Wireless Sensor Networks: WSNs)においてセンシング対象エリアに存在する複数の観測データ発生源を省電力に同定するためのウェイクアップ制御法について検討を行う.複数観測データ発生源の省電力同定を実現するためには,収集データから複数の観測データ発生源の位置を高精度に推定する方法を明らかにし,さらに,同定精度向上に寄与するノードのみを選択的に起動するウェイクアップ制御法を設計する必要がある.しかしこれまで,2次元平面上に拡がる複数の観測データ発生源を少ないノードセットからの収集データで高精度に同定する方法や精度向上の観点での重要データの特徴が明らかになっていない.そこで本稿ではウェイクアップ制御法として,ノードIDに応じた起動制御が可能なUnicast Wake-up (UCWu)とノードの観測データに応じた起動制御が可能なContent-based Wake-up (CoWu)の利用を想定したデータ収集手法を導入する.そして,計算機シミュレーションにより異なる観測データ発生源同定手法及びデータ収集手法の推定精度を評価し,観測データ発生源省電力同定に適したウェイクアップ制御法について検討を行う. 
(英) In this paper, we focus on the wake-up control to identify multiple sources of sensing data spatially spread over a sensing area in wireless sensor networks. In order to identify multiple sources efficiently in terms of energy consumed by sensor nodes, it is necessary to design a wake-up control that can activate only a subset of nodes contributing to the increase of the accuracy of identification. To this end, in this paper, we investigate how to estimate multiple sources of sensing data from the collected data set and attributes to be owned by the collected subset of data. As wake-up control, we assume two types of wake-up control: unicast wake-up (UCWu), which individually activates nodes based on ID allocated to each node, and content-based wake-up (CoWu), which can realize activations of nodes based on their observed data. We evaluate the accuracy of identification of different identification approaches and various data collection methods by computer simulations, and clarify wake-up control suited for energy-efficient identification of multiple sources.
キーワード (和) WSNs / 省電力化データ収集 / 空間相関 / 観測データ発生源同定 / Convolution neural network / / /  
(英) WSNs / energy-efficient data collection / spatial correlation / identification of multiple sources / CNN / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 393, SRW2021-77, pp. 40-45, 2022年3月.
資料番号 SRW2021-77 
発行日 2022-02-23 (RCS, SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2021-277 SR2021-104 SRW2021-77

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2022-03-02 - 2022-03-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2022-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線センサネットワークにおける複数の観測データ発生源省電力同定法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Energy-Efficient Identification of Multiple Sources of Sensing Data for Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WSNs / WSNs  
キーワード(2)(和/英) 省電力化データ収集 / energy-efficient data collection  
キーワード(3)(和/英) 空間相関 / spatial correlation  
キーワード(4)(和/英) 観測データ発生源同定 / identification of multiple sources  
キーワード(5)(和/英) Convolution neural network / CNN  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 順哉 / Junya Shiraishi / シライシ ジュンヤ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-03 09:30:00 
発表時間 100分 
申込先研究会 SRW 
資料番号 RCS2021-277, SR2021-104, SRW2021-77 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.391(RCS), no.392(SR), no.393(SRW) 
ページ範囲 pp.134-139(RCS), pp.92-97(SR), pp.40-45(SRW) 
ページ数
発行日 2022-02-23 (RCS, SR, SRW) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会