お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-11 11:00
"実質的"100%に向けて;文書認識のための品質保証フレームワーク
田中 宏富士通PRMU2021-79
抄録 (和) L(深層学習)技術の発展によりOCRの認識精度は格段に向上している.しかし一方,DLベースのソフトウェアは動作誤りが避けられないため動作保証ができず,安心して使えないという指摘もある.これはパターン認識の長年の課題だが,近年のAIブームにより「AIの品質保証」「AIの説明可能性」といった形で問題が顕在化している.本稿では,ここ2~3年で特に盛んに議論されている,AIソフトウェア開発における品質保証問題についての概論を述べ,特にOCRに着目した品質保証フレームワークを提案する. 
(英) With the development of DL (deep learning) technology, the recognition accuracy of OCR has improved dramatically. At the same time, however, it is pointed out that DL-based software cannot be used with confidence because it cannot be guaranteed to work properly due to inevitable errors. This has been a longstanding issue in pattern recognition, but with the recent AI boom, the problem has become more apparent in the form of "quality assurance of AI" and "explainability of AI. In this paper, I will give an overview of the quality assurance issues in AI software development, which have been discussed especially actively in the last couple of years, and propose a quality assurance framework with a particular focus on OCR.
キーワード (和) AI / OCR / 深層学習 / 品質保証 / ガイドライン / フレームワーク / 評価 /  
(英) AI / OCR / Deep Learning / Quality Assurance / Guideline / Framework / Evaluation /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 427, PRMU2021-79, pp. 121-126, 2022年3月.
資料番号 PRMU2021-79 
発行日 2022-03-03 (PRMU) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2021-79

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM  
開催期間 2022-03-10 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 微分可能レンダリング 
テーマ(英) Differentiable rendering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2022-03-PRMU-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) "実質的"100%に向けて;文書認識のための品質保証フレームワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward "Virtually" 100%; Quality Assurance Framework for Document Recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AI / AI  
キーワード(2)(和/英) OCR / OCR  
キーワード(3)(和/英) 深層学習 / Deep Learning  
キーワード(4)(和/英) 品質保証 / Quality Assurance  
キーワード(5)(和/英) ガイドライン / Guideline  
キーワード(6)(和/英) フレームワーク / Framework  
キーワード(7)(和/英) 評価 / Evaluation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏 / Hiroshi Tanaka / タナカ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-11 11:00:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 PRMU2021-79 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.427 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数
発行日 2022-03-03 (PRMU) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会