お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-05-18 15:35
[招待講演]フォワード安全なメッセージフランキング (from ICISC 2021)
山室宏貴東工大)・原 啓祐産総研/横浜国大)・手塚真徹鶴岡高専)・吉田雄祐田中圭介東工大ISEC2022-5
抄録 (和) メッセージフランキングはエンドツーエンド暗号化されたメッセージサービスにおいて, 暗号学的な証拠を含めることで特定の送信者が実際に不正なメッセージを送信したか否かの検証を可能にする技術である.
近年, Grubbsら (CRYPTO'17) はメッセージフランキングを実現するための基礎暗号技術として, 認証付きコミッティング暗号を提案した.
本研究では, メッセージフランキングの安全性を向上させるために現在の鍵が漏洩した場合においても, 過去の鍵に関連する安全性を保証するフォワード安全性を定義し, その構成法を提案する.
本研究はICISC 2021において発表した. 
(英) Message franking is introduced by Facebook in end-to-end encrypted messaging services.
It allows to produce verifiable reports of malicious messages by including cryptographic proofs generated by Facebook.
Recently, Grubbs et al. (CRYPTO'17) proceeded with the formal study of message franking and introduced committing authenticated encryption with associated data (CAEAD) as a core primitive for obtaining message franking.
In this work, we aim to enhance the security of message franking and propose forward security for message franking.
It guarantees the security associated with the past keys even if the current keys are exposed.
Firstly, we propose the notion of key-evolving message franking including additional key update algorithms.
Then, we formalize forward security for five security requirements: confidentiality, ciphertext integrity, unforgeability, receiver binding, and sender binding.
Finally, we show a construction of forward secure message franking based on CAEAD, forward secure pseudorandom generator, and forward secure message authentication code.
This paper was presented at ICISC 2021.
キーワード (和) メッセージフランキング / フォワード安全性 / 不正検証可能性 / / / / /  
(英) message franking / forward security / abusive verifiable reports / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 27, ISEC2022-5, pp. 20-20, 2022年5月.
資料番号 ISEC2022-5 
発行日 2022-05-11 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2022-5

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2022-05-18 - 2022-05-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2022-05-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フォワード安全なメッセージフランキング (from ICISC 2021) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Forward Secure Message Franking (from ICISC 2021) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メッセージフランキング / message franking  
キーワード(2)(和/英) フォワード安全性 / forward security  
キーワード(3)(和/英) 不正検証可能性 / abusive verifiable reports  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山室 宏貴 / Hiroki Yamamuro / ヤマムロ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 啓祐 / Keisuke Hara / ハラ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所/横浜国立大学 (略称: 産総研/横浜国大)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology/Yokohama National University (略称: AIST/YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 手塚 真徹 / Masayuki Tezuka / テズカ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
National Institute of Technology, Tsuruoka College (略称: NIT, Tsuruoka College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 雄祐 / Yusuke Yoshida / ヨシダ ユウスケ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 圭介 / Keisuke Tanaka / タナカ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-05-18 15:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 ISEC2022-5 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.27 
ページ範囲 p.20 
ページ数
発行日 2022-05-11 (ISEC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会