お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-10 13:25
屋外における携帯電話基地局等からの電波ばく露レベル測定
大西輝夫飛田和博多氣昌生渡辺聡一NICTEMCJ2022-21
抄録 (和) 地方の都市部及び市街地の屋外における携帯電話基地局等からの電波ばく露レベルの測定を行った.測定地点は,著者らの2019年の測定結果と比較を行うために,過去と同様に1 km  1 kmの領域を10  10の格子に分割し,各格子内1地点で電界強度の測定を行った.更に2019年の測定ではサービス開始前であった5Gの帯域(FR1)についても測定対象に加えた.測定高と電界強度の関係について,高さ方向の分布(ハイトパターン)を測定し考察を行った.いずれの周波数帯も測定高が高くなるにつれて電界強度が強くなるが,市街地の方が地面の近くとの差が都市部より顕著な傾向になることがわかった.都市部の電界強度は,2019年の結果より中央値で10 dB以上高い結果となった.市街地については,2019年の測定と同様な結果となった.5Gの帯域の電波ばく露レベルについては都市部で観測されたが市街地では使用した測定系のノイズレベル以下であった.また,5G以外の携帯電話に比べて中央値で約20 dB低い結果となった. 
(英) Outdoor radio wave exposure levels from mobile phone base stations and other sources in metropolitan and suburban areas were measured. As in 2019, a 1 km  1 km area was divided into 10  10 grids, and the E-field strength was measured at one point within each grid. Furthermore, the 5G band (FR1), which had not yet started service in the 2019 measurements, was also included in the measurement. The relationship between the measurement height and the E-field was investigated. It was found that the field strength increases with height in all of frequency bands, but tends to be weaker in suburban areas than in metropolitan areas as one gets closer to the ground.
As a result, the median E-field strength in the metropolitan area was more than 10 dB higher than the previous results in 2019. The results for the suburban areas were similar to the previous measurements in 2019. It is found that E-field strength in the 5G band was observed in metropolitan area, but was below the noise level of the measurement system in suburban area The E-field strength of 5G mobile system in median value was about 20 dB lower than that of non-5G mobile systems.
キーワード (和) 携帯電話基地局 / 5G / 電波ばく露レベル / 電界強度 / 屋外環境 / ハイトパターン / 電波防護指針 /  
(英) Mobile base stations / 5G / RF Exposure level / Electric field strength / Outdoor environment / Height pattern / Radio protection guideline /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 67, EMCJ2022-21, pp. 34-38, 2022年6月.
資料番号 EMCJ2022-21 
発行日 2022-06-03 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2022-21

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2022-06-10 - 2022-06-10 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2022-06-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 屋外における携帯電話基地局等からの電波ばく露レベル測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Outdoor measurement of exposure levels from mobile phone base stations and other sources 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 携帯電話基地局 / Mobile base stations  
キーワード(2)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(3)(和/英) 電波ばく露レベル / RF Exposure level  
キーワード(4)(和/英) 電界強度 / Electric field strength  
キーワード(5)(和/英) 屋外環境 / Outdoor environment  
キーワード(6)(和/英) ハイトパターン / Height pattern  
キーワード(7)(和/英) 電波防護指針 / Radio protection guideline  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 輝夫 / Teruo Onishi / オオニシ テルオ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飛田 和博 / Kazuhiro Tobita / トビタ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 多氣 昌生 / Masao Taki / タキ マサオ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe / ワタナベ ソウイチ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-10 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 EMCJ2022-21 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.67 
ページ範囲 pp.34-38 
ページ数
発行日 2022-06-03 (EMCJ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会