お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-19 11:15
[招待講演]サブテラヘルツ帯通信における空間領域信号処理
小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大EMT2022-21 MW2022-45 OPE2022-24 EST2022-22 MWPTHz2022-19
抄録 (和) 2030年頃の実用化を目指し,第6世代移動通信の研究がなされている.そこでは,広帯域伝送が可能な100GHz以上のサブテラヘルツ帯を利用した100 Gbpsを超える超高速通信の実現が必須と言われている.そのためには広い帯域の使用だけではなく,MIMOによる空間多重信号処理も検討されている.また,このような高い周波数は直進性が強く,直接波が届かない領域での減衰が極めて大きくなる.この問題を解決するためIntelligent Reflection Surface (IRS) と呼ばれる反射板の利用が有効であると期待できる.その制御には,信号処理技術が重要な役割を演ずる.一方,サブテラヘルツ帯の伝搬環境はマルチパスが極めて少ないスパースであるという報告がなされている.本講演では,このようなスパース性を考慮したサブテラヘルツ帯の空間領域信号処理について述べる. 
(英) The sixth-generation mobile communication is being extensively studied to commercialize the services in around 2030. A frequency range of 100-300 GHz, called a sub-Terahertz band, will be used to realize very wide band transmission. In addition to the broad bandwidth, we need spatial multiplexing signal processing using a MIMO system to achieve high data-rate communication over 100 Gbps. The spectrum suffers from high attenuation in non-line-of-sight environments. Intelligent reflection surfaces (IRSs) are expected to be useful to reduce the attenuation. An IRS is composed of many reflecting elements with phase shifters, and signal processing techniques play an important role to adjust them. On the other hand, a recently presented paper reveals that the number of observed multipath components in a sub-Terahertz band is very few in indoor environments. In this talk, we address spatial-domain signal processing in the sparse sub-Terahertz band.
キーワード (和) サブテラヘルツ帯 / 超高速通信 / MIMOシステム / 信号処理 / IRS / / /  
(英) Sub-Terahertz Band / Extremely High-speed Communication / MIMO System / Signal Processing / IRS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 118, MW2022-45, pp. 72-72, 2022年7月.
資料番号 MW2022-45 
発行日 2022-07-12 (EMT, MW, OPE, EST, MWPTHz) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2022-21 MW2022-45 OPE2022-24 EST2022-22 MWPTHz2022-19

研究会情報
研究会 MWPTHz EST MW EMT OPE IEE-EMT  
開催期間 2022-07-19 - 2022-07-20 
開催地(和) 旭川市民文化会館 
開催地(英) Asahikawa Civic Culture Hall 
テーマ(和) 光・電波ワークショップ 
テーマ(英) Workshop on Optical and Microwave technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2022-07-MWPTHz-EST-MW-EMT-OPE-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サブテラヘルツ帯通信における空間領域信号処理 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spatial-Domain Signal Processing in Sub-Terahertz Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サブテラヘルツ帯 / Sub-Terahertz Band  
キーワード(2)(和/英) 超高速通信 / Extremely High-speed Communication  
キーワード(3)(和/英) MIMOシステム / MIMO System  
キーワード(4)(和/英) 信号処理 / Signal Processing  
キーワード(5)(和/英) IRS / IRS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-07-19 11:15:00 
発表時間 50分 
申込先研究会 MW 
資料番号 EMT2022-21, MW2022-45, OPE2022-24, EST2022-22, MWPTHz2022-19 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.117(EMT), no.118(MW), no.119(OPE), no.120(EST), no.121(MWPTHz) 
ページ範囲 p.72 
ページ数
発行日 2022-07-12 (EMT, MW, OPE, EST, MWPTHz) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会