お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-07 09:55
オートエンコーダを用いたOFDM通信システムの性能評価
唐真孝生和田知久琉球大SR2022-46
抄録 (和) 本研究は2022年5月12日のスマート無線研究会で発表した「オートエンコーダを用いたOFDM通信システムの一検討」の後続研究である。
今回は通常の信号処理ブロックを用いたOFDM通信システムと、オートエンコーダを用いたシステムとの性能比較を行った。
IEEE 802.11a規格に準拠し、変調は4,16,64、伝送路として加法性ランダムノイズと2波及び4波マルチパスを想定、シンボル間干渉がないことを前提とした。
マルチパスの振幅に応じて、その性能をシミュレーションにより評価、その内容を報告する。 
(英) This paper is a follow-up to "A study of OFDM communication system with autoencoder" presented at Technical Committee on Smart Radio on May 12, 2022.
In this paper, we compared the performance of an OFDM communication system using an ordinary signal processing block with that of a system using autoencoders.
The system conforms to the IEEE 802.11a standard, assumes 4, 16, and 64 symbols, additive random noise and 2- and 4-wave multipaths as transmission paths, and no inter-symbol interference.
The performance is evaluated by simulation depending on the amplitude of the multipath.
キーワード (和) オートエンコーダ / OFDM / マルチパス / IEEE 802.11a / / / /  
(英) Autoencoder / OFDM / Multipath / IEEE 802.11a / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 243, SR2022-46, pp. 7-14, 2022年11月.
資料番号 SR2022-46 
発行日 2022-10-31 (SR) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2022-46

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2022-11-07 - 2022-11-08 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) ソフトウェア無線、コグニティブ無線、周波数共用、一般、技術展示 
テーマ(英) Software Defined Radio, Cognitive Radio, Spectrum Sharing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2022-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オートエンコーダを用いたOFDM通信システムの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance comparisons of OFDM communication system with autoencoder 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オートエンコーダ / Autoencoder  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) マルチパス / Multipath  
キーワード(4)(和/英) IEEE 802.11a / IEEE 802.11a  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐真 孝生 / Takao Touma / トウマ タカオ
第1著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Ryukyu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 知久 / Tomohisa Wada / ワダ トモヒサ
第2著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Ryukyu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-07 09:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SR 
資料番号 SR2022-46 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.243 
ページ範囲 pp.7-14 
ページ数
発行日 2022-10-31 (SR) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会