お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-17 16:00
DTNにおけるノード移動情報とノード間距離を考慮した送信制御方式
及川健太塩川茂樹神奈川工科大CCS2022-49
抄録 (和) DTNにおけるデータ転送方式の1つにノードの位置情報や移動方向を基にデータを転送することによってデータの到達率を増加させる方式がある.しかしこの方式では,ノードが互いにであった段階でデータ転送が行われているため送信距離が長くなり消費電力が増加する.そこで本研究では,データの宛先とノードの距離に応じて送信方式を選択する方式を提案する.提案方式では隣接ノードを検出したノードは宛先との距離に基づきデータ転送の判断を行うことにより,データの到達率を上げ,到達遅延を少なくする.また,データを転送するノードはすぐに転送を行わず,ノード同士の移動方向と速度に基づいて転送タイミングを算出する.さらに,算出したタイミングにおけるノード間距離に応じて送信電力を調整することにより,消費電力を抑える. 
(英) As one of data transmission methods in order to increase data arrival rate in DTN, there is method where data transmission is based on location and moving direction of nodes. However, in this method, data transmission is taking place just when two nodes meet each other, therefore, transmission distance becomes long and power consumption increases. In this paper, we propose a method which select transmission method depend on distance between destination of data and node. In this method, when a node meets another node, the node determines data transmission method according to the distance between its location and the location of sink. It can increase data transmission rate and reduce arrival delay. Moreover, the data transmitting node doesn’t transmit data immediately and calculates timing of transmission based on direction of movement and speed of node, and adjusting the transmission power depending on distance between nodes at calculated timing, this method can reduce power consumption.
キーワード (和) 無線ネットワーク / DTN / Spray and Locate Routing / / / / /  
(英) Wireless networks / DTN / Spray and Locate Routing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 255, CCS2022-49, pp. 31-35, 2022年11月.
資料番号 CCS2022-49 
発行日 2022-11-10 (CCS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CCS2022-49

研究会情報
研究会 CCS  
開催期間 2022-11-17 - 2022-11-18 
開催地(和) シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 (伊勢市観光文化会館) 
開催地(英)  
テーマ(和) 相互作用(インタラクション)と情報伝達(コミュニケーション),一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CCS 
会議コード 2022-11-CCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DTNにおけるノード移動情報とノード間距離を考慮した送信制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission control method considering moving informetion and internode distance in DTN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線ネットワーク / Wireless networks  
キーワード(2)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(3)(和/英) Spray and Locate Routing / Spray and Locate Routing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 及川 健太 / Kenta Oikawa / オイカワ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩川 茂樹 / Shigeki Shiokawa / シオカワ シゲキ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-17 16:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CCS 
資料番号 CCS2022-49 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.255 
ページ範囲 pp.31-35 
ページ数
発行日 2022-11-10 (CCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会