お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-12-16 04:35
長期欠席児のための遠隔授業支援システム ~ 指さし拡大機能の動作安定性テスト ~
戸谷彰宏苅田知則エルブエラ ヴォン ラルフ ディン マルケズ柴田 論穆 盛林山本智規愛媛大
抄録 (和) 教育現場においては,病気などから長期欠席状態にあり,学校の教室で授業を受けられない児童生徒が数多く存在している.我々は,長期欠席児のための遠隔授業支援システム「改良版どこでも教室」の開発を行っている.当該システムにはユーザーの心身の負担を軽減させる機能が搭載されており、その一つに教師の指差し動作を認識し、指さし位置を自動で拡大する機能がある。本研究では、当該機能における動作安定性テストの結果を報告する.いくつかの条件を設定し,生徒に対して正面を向いた腕をクロスしない指さしは,おおむね高い安定性を有していた.一方で,指さし以外の動作でも拡大表示される場合が多いことが分かった. 
(英) In education, many children are absent from school for long periods due to illness or other reasons. Thus, we are developing a remote class system to support these children with long-term absences who cannot attend actual classes in classrooms. It is equipped with functions to reduce the physical and mental burden on the user. One of which is to recognize the pointing movements of the teacher and automatically enlarge the area around the pointed position. This study reports the results of an operational stability test on the said function with several pointing movement and body position conditions. The results revealed that the pointing movement without crossing the arm facing the front towards the student was generally highly stable. On the other hand, it was found that movements other than pointing often resulted in magnification.
キーワード (和) 遠隔学習支援システム / Azure Kinectカメラ / 教師の指さし動作 / / / / /  
(英) Remote class support system / Azure Kinect camera / Teacher's pointing movement / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2022-12-14 - 2022-12-16 
開催地(和) サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催 
開催地(英) Onsite (Sunport Takamatsu) and Online 
テーマ(和) リアル・バーチャルが響き合うヒューマンコミュニケーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2022-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 長期欠席児のための遠隔授業支援システム 
サブタイトル(和) 指さし拡大機能の動作安定性テスト 
タイトル(英) Remote class support system for children with long-term absences 
サブタイトル(英) Operational stability test of the pointing movement magnification function 
キーワード(1)(和/英) 遠隔学習支援システム / Remote class support system  
キーワード(2)(和/英) Azure Kinectカメラ / Azure Kinect camera  
キーワード(3)(和/英) 教師の指さし動作 / Teacher's pointing movement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸谷 彰宏 / Akihiro Toya / トヤ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 苅田 知則 / Tomonori Karita / カリタ トモノリ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) エルブエラ ヴォン ラルフ ディン マルケズ / Herbuela Von Ralph Dane Marquez / エルブエラ ヴォン ラルフ ディン マルケズ
第3著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 論 / Satoru Shibata / シバタ サトル
第4著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 穆 盛林 / Shenglin Mu / ボク セイリン
第5著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 智規 / Tomonori Yamamoto / ヤマモト トモノリ
第6著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-12-16 04:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会